【ほん怖】ほんのりと怖い話まとめ - 【ほん怖】いっちゃん

【ほん怖】ほんのりと怖い話をまとめました!「怖い話は好きだけど、眠れないほど怖い話は読みたくない!」そんなあなたにぴったりな『ほんのりと怖い話』をお楽しみください。
【ほん怖】いっちゃん

スポンサーリンク


妹のこと。

妹が5歳、自分が7歳のとき、伯父が遊びにきた。

伯父をみるなり妹は、

「がしゃーんがしゃーん、イタイイタイの伯父さん」

と言いだした。

伯父も両親も俺も(゚д゚)ポカーン。

そして伯父の右手をつかんで、

「あれぇ?お指あるね」

とも。

伯父が工場の機械に挟まれて、右手の指二本切断したのは、その翌月だった。

こういうのは妹には珍しいことじゃなく、
近所の寝たきりのお爺さんが死ぬ数日前も母に、

「○○のお爺ちゃん(寝たきりの人)のお葬式で、ママが黒い服着るのをみたよ。
途中で雨ふってきて濡れちゃったの」

と見てきたように言い、実際に葬式の途中で雨が降ってきて、母がびしょ濡れになった。

これらのことは自分で知るのではなく、
よく遊ぶ『いっちゃん』というお友達が教えてくれるらしい。

いっちゃんというのは妹の想像上の友人で、よく二人で遊んでいる。
(周りからみると一人遊び)

ただ、想像上とはいえ妙なことは多々あり、
奥の部屋から子供二人の笑い声が聞こえて、覗くと妹しかおらず、
「誰かいた?」と聞くと、「いっちゃん」と答えたこともあった。

また、妹が泣きながら

「いっちゃんを怒らせたら玩具を隠された」

と言うので、
妹の言うとおり天袋を母親にのぞいてもらったら、
奥のほうから妹のおもちゃが出てくることもあった。
(その他、タンスの裏や上などもあった)

どちらも妹の手が届く範囲ではなく、2歳上の俺でも無理な場所だった。

いっちゃんの特徴はというと、
「10歳くらいの女の子」で「色白で可愛い」らしい。

ただ「怒らせると怖い」と言い、怒るとどうなるのか?と聞いたら、
「目が真っ白になって頭が膨れる」と、妙な表現をした。

妹が10歳の時、

「いっちゃんを怒らせた」
「いっちゃんが消えた」
「もう許してくれない」

と泣きじゃくったことがあった。

何をしたのか聞くと、

「いっちゃんが一緒にいこうと言ったから、嫌と言ったら物凄く怒った」

と言われた。

そして、

「じゃあ、一緒じゃなく、お前が一人でいけ」

と怒って消えたらしい。

数日後。

妹が高熱を出し入院し、医療ミス(と俺は思ってる)で死んだのは2ヵ月後。

妹が死んだのといっちゃんとの関係はわからないけど、
死ぬ数日前、「部屋の隅っこにいっちゃんがいる」と泣きながら訴えてた、
妹の顔は忘れられない。

「ほんのりと怖い話」の関連記事

【ほん怖】火災現場
【ほん怖】Aが見たもの
【ほん怖】山にいるもの
【ほん怖】ドアノブ

拍手[2回]


コメントを投稿する

HN
タイトル
メールアドレス
URL
コメント