【ほん怖】ほんのりと怖い話まとめ - 【ほん怖】おばあちゃん子

【ほん怖】ほんのりと怖い話をまとめました!「怖い話は好きだけど、眠れないほど怖い話は読みたくない!」そんなあなたにぴったりな『ほんのりと怖い話』をお楽しみください。
【ほん怖】おばあちゃん子

スポンサーリンク


高校のとき叔母が亡くなって、
その1週間後に、叔母の死のショックで元々心臓が弱かった祖母が亡くなりました。

祖母の通夜の日、
私はお線香当番を従兄弟の奥さんとしてたのですが、
ラップ音はずっとなり続き、
棺の側に行くと平衡感覚がなくなるという体験を、
従兄弟の奥さんと一晩中していました。

他に、葬儀場の敷地内を黄色い服を着た人が歩き回っていました。
(人間じゃないと思います。透明になったから)

祖母のお葬式が終わっても、
おばあちゃん子の私は立ち直ることができず、
ずっと泣いて暮らしていました。

テレビも見れなくなるんですね。そうゆう時って。

そうしたら祖母が夢に出てきて、

「○月×日まで家にいるからいつでも遊びに来な」

って。

数えてみたら49日でした。

拍手[1回]


コメントを投稿する

HN
タイトル
メールアドレス
URL
コメント