【ほん怖】ほんのりと怖い話まとめ - 【ほん怖】おーい

【ほん怖】ほんのりと怖い話をまとめました!「怖い話は好きだけど、眠れないほど怖い話は読みたくない!」そんなあなたにぴったりな『ほんのりと怖い話』をお楽しみください。
【ほん怖】おーい

スポンサーリンク


よく一緒に登山する友達の話。

その友達はとある雪山を
5人パーティーで2泊3日で攻略しようとしていた。

1泊目の夜、
雪原に張ったテントの中で友達が寝ていると
外から声が聞こえるという。

よく聞くと

「おーい、おーい」

という声が下山方面、
つまり今まで登ってきた方から聞こえてくる。

腕時計を見ると、
深夜2時をまわっていた。

遭難者でもいるのかとパーティーを全員起こし、
みんなでランプを持って遠くから聞こえる声に近づきながら呼びかけてみた。

「おーい、大丈夫ですかー!」

「誰かいますかー!」

こちらが大声でそう呼びかけた瞬間から、
ぱったりと声は聞こえなくなったという。

2日目、いくつかの峰を越えて、
明日は頂上を目指せるという場所でまたテントを張った。

その夜、
寝ていた友達は小便をしたくなったので
用を足しにテントの外へ出た。

まっくらな雪原の中一人で用を足していると、
頂上の方向に何か気配がした。

目を凝らしてみると、
何かランプの光のようなものが遠くでゆらゆらとしている。

友達は呼びかけてみた。

「おーい」

すると、光が消え、
その方向から声だけが聞こえてきた。

「おーい、大丈夫ですかー!」

「誰かいますかー!」

まぎれもなく昨日自分達が発した声だった。

友達は急いでテントに戻り寝袋に入って震えながら夜を過ごしたという。

その後は何事も無く登頂に成功し、
無事に帰ってきた。

これはマジ話。

拍手[2回]


コメントを投稿する

HN
タイトル
メールアドレス
URL
コメント