【ほん怖】ほんのりと怖い話まとめ - 【ほん怖】お客を送った後に山道を走っていた

【ほん怖】ほんのりと怖い話をまとめました!「怖い話は好きだけど、眠れないほど怖い話は読みたくない!」そんなあなたにぴったりな『ほんのりと怖い話』をお楽しみください。
【ほん怖】お客を送った後に山道を走っていた

スポンサーリンク


私の母方の従兄弟は、
タクシーの運転手をしていた事があった。

ある夜遅く、お客を送った後に山道を走っていた。

街灯はまばらで、他の車と行き合う事も少なかった。

その暗い道を走っていると、ドスンと車が揺れた。

何か大きなものを踏んだ様だった。

従兄弟の会社では以前、
酔って道の真中で寝ていた人を轢いてしまった運転手がいた。

従兄弟はもしやと車を停め、
懐中電燈を手に外に飛び出して車の下やその周りを確認した。

何もなかった。

何だったんだ?と思っていると、

「にぃちゃん、乗せとくれや」

と声がした。

振り向くと、
いつの間にか男がタクシーのそばに立っていた。

少し離れたところでぼんやりとあたりを照らしている街灯の明かりの下、
男の黒縁眼鏡と、ニタニタと笑っている口元が何故かよく見えた。

「え…」

周りに人家も無い様なところで、
不意に現れたお客を従兄弟がながめていると、
バカッと車の後部座席の左右の扉が同時に開いた。

従兄弟は何もしていないのに。
いきなり開いた扉に驚いていると、
黒縁眼鏡の男は笑いながら後部座席の右の扉から車に乗り込み、
そしてそのまま左の扉から外へと出て行った。

「?」

何してるんだ、この人?と男の様子を見ていると、
次には男はまた笑いながら右の扉から車に乗り込んで、
そのまま左の扉から出て行く…
という動作をぐるぐると繰り返した。

従兄弟はその様子をほうけた様に見ていたが、
はたと我にかえり

「おいっ!何やってんだッ!」

と怒鳴った。

すると、男は狂気めいた笑い声をあげて、
ガードレールの向こうの、
崖といってもいい様な草木の生い茂った急な斜面に飛び込んだ。

「ちょっと!」

従兄弟は男を追って藪を見下ろしたが、
すでに男の姿は無かった。

従兄弟が車庫に帰って後部座席を見てみると、
シートには犬猫に似た足跡がたくさんついていた。

「タヌキかキツネだったのかな、ありゃあ」

と、従兄弟は気味悪そうに首をひねっていました。

拍手[2回]


コメントを投稿する

HN
タイトル
メールアドレス
URL
コメント