【ほん怖】ほんのりと怖い話まとめ - 【ほん怖】しゃっくりが止まらなくなって死にかけた

【ほん怖】ほんのりと怖い話をまとめました!「怖い話は好きだけど、眠れないほど怖い話は読みたくない!」そんなあなたにぴったりな『ほんのりと怖い話』をお楽しみください。
【ほん怖】しゃっくりが止まらなくなって死にかけた

スポンサーリンク


睡眠障害といえば、叔父の知り合いで、
しゃっくりが止まらなくなって死にかけた人がいる。

病院にいっても原因が分からず、
眠れない日が1週間程つづいて、
そのひとはどんどん体力も落ちていって、
医者に「危篤」をつげられた。

そんで、その人の奥さんが泣きながら
叔父に相談の電話があった。

叔父の奥さんも昔奇病に苦しんで居たので、
なんかわかるかもと思ったんだろう。

叔父は、取りあえず信用のおける拝み屋(用は霊能者か?)に電話してみた。

するとその拝み屋さんは、

『最近そのうちで○○の方角に杭を打っただろう。
そこは場所がよくないのですぐにぬきなさい』

とのこと。

それを例の奥さんに伝えた所、
ご主人が寝込む前に庭で杭を打っていた記憶があった。

奥さんは夜中に庭に出てすぐに杭を引き抜いた。

しばらくすると病院から電話があって、

『しゃっくりがとまった』

時間を聞くと、
引き抜いた時間とほぼ同時刻だったそうな。

拍手[1回]


コメントを投稿する

HN
タイトル
メールアドレス
URL
コメント