【ほん怖】ほんのりと怖い話まとめ - 【ほん怖】じいちゃんが入院した

【ほん怖】ほんのりと怖い話をまとめました!「怖い話は好きだけど、眠れないほど怖い話は読みたくない!」そんなあなたにぴったりな『ほんのりと怖い話』をお楽しみください。
【ほん怖】じいちゃんが入院した

スポンサーリンク


じいちゃんが悪くなって入院した。

肺に影があって、癌の可能性が高いけど、
血液の数値も上がらず、
内視鏡でも癌細胞は出なかった。

でもじいちゃんはみるみる痩せていって、
食欲も落ちて症状は癌そのもの。

呼吸困難で個室に移されたある晩、
看病しているとじいちゃんが譫言のように、

「たぬき…俺を一人にするとたぬきが来る」

と言い出した。

その時は、あぁ強い薬のせいだな、と思ったけど、
じいちゃんを落ち着かせようと思って、

「たぬきのばか。どっかいけ」

と言ってみた。

朝家に帰って、
その日の晩は病院には行かなかった。

けど変な夢を見た。

夢の中で誰かに話しかけられた。

「なんでわかった?俺がいるのを」

何故かわからないけど
私は普通に相手と話していて、

「じいちゃんに関わるな!」

と夢の中の相手に言っていた。

そしたら相手は

「わかったよ。他のを探すよ」

と言って消えていった。

その夢は看病疲れのせいで見たのだろうと、
今でも思っている。

あれからじいちゃんは回復して、
医者もびっくりしている。

老人がここまで回復するのはごく稀なケースらしい。

あれだけ検査してわからなかったのに、
癌の可能性が極めて低く、
影がうすくなっていることがわかった。

夢の中での相手はたぬきじゃなかったような気がするけど、
私は心の中で

「ありがとうたぬき」

と言ってみた。

でも学生のいとこが白血病になった。

拍手[1回]


コメントを投稿する

HN
タイトル
メールアドレス
URL
コメント