【ほん怖】ほんのりと怖い話まとめ - 【ほん怖】じいちゃんと山菜を採りに行った

【ほん怖】ほんのりと怖い話をまとめました!「怖い話は好きだけど、眠れないほど怖い話は読みたくない!」そんなあなたにぴったりな『ほんのりと怖い話』をお楽しみください。
【ほん怖】じいちゃんと山菜を採りに行った

スポンサーリンク


俺のじいちゃんの話。

俺のじいちゃんは、
生前いわゆる“見える人”だったみたい。

みたいというのも、
俺にはそんなのが全くなかったから、
本当がどうか分からないから。

でも、大のじいちゃんっ子だった俺はよく二人で出かけてて、
何度か不思議な経験をした。

そのうちの、一つの話。

俺がまだ小学生の時のこと。

その日俺とじいちゃんは、
近くの山に山菜を採りに行ってた。

この野草は食べられるとか、
このふきは美味しいとか、
色々教えながら山菜を採ってた。
(管理者に許可とってたかは分からん)

持ってきていた買い物袋いっぱいに山菜が採れて、
帰り始めたのは夕方頃。

山を降りていたら、
急にじいちゃんが俺の頭を抑えつけて下を向かせた。

俺が驚いて顔を上げようとしたら、
じいちゃんが

「動くな!目ば閉じとけ!」

って怒鳴ってきた。

じいちゃんはすげえ優しくて怒られたこともなかったから、
子供ながらにただごとじゃないってのがわかった。

頭を抑えつけるじいちゃんの手も震えてて、
すげえ怖くなって俺もガクブル。

そしたら、山道の下の方から足音が聞こえてきた。

その足音が少し変わってて、
靴で歩く音じゃなかった。

ぬちゃっ、ぬちゃっていう、
不気味な音だった。

俺は怖くて必死に目を閉じてた。

よく聞いたら、
じいちゃんも必死に呟いてた。

「この子はご勘弁下さい。この子はご勘弁下さい…」

まるでお経のようにずっとそう言ってた。

足音は徐々に近付いてきた。

でも、決して止まることなく上の方に消えていった。

足音が完全になくなったあとに目を開けたら、
じいちゃんは疲れ切った顔してた。

でも俺の方を見たときには、
いつものように優しく微笑んで、

「帰るぞ」

って一言だけ声をかけた。

結局その足音がなんだったのか、
じいちゃんは教えてくれなかった。

ただ、一度じいちゃんが酔っ払ってたとき、
口を滑らせたことがある。

「あっこ(あそこ)の山に行ったときは肝が冷えた。
ただ、そんときは満腹だったんだろう」

それを聞いて、
凄まじくゾッとした。

少なくとも、
獣か何かじゃないのは分かる。

あんな足音の動物なんていないだろうし。

それ以上は、怖くて聞かなかった。

でももし、その足音の主が空腹だったのなら、
俺とじいちゃんはどうなってたんだろう。

拍手[2回]


コメントを投稿する

HN
タイトル
メールアドレス
URL
コメント