【ほん怖】ほんのりと怖い話まとめ - 【ほん怖】ちょっと遠くの銭湯

【ほん怖】ほんのりと怖い話をまとめました!「怖い話は好きだけど、眠れないほど怖い話は読みたくない!」そんなあなたにぴったりな『ほんのりと怖い話』をお楽しみください。
【ほん怖】ちょっと遠くの銭湯

スポンサーリンク


貧乏なアパート暮らしの女です。

風呂が無いので銭湯に行ってる。

いつもの店が休みだったから、
ちょっと遠くの銭湯に行った。

浴室には数人のオバちゃんがいて、
楽しそうに話し合ってた。

洗髪してると視線を感じる。

洗髪を終えてから顔を上げたら、
自分の前の鏡に知らないお婆さんの横顔が映ってた。

横目で、こっちを見てた。
(洗髪台の正面が鏡になってる。
普通なら自分の正面顔が映るはず)

死ぬほどビックリした。

ビックリしすぎると悲鳴も出せないと初めて知った。

思わず後ろを振り向いたら、
誰もいなかった。

というか浴室に誰もいなかった。

さっきまで喋りまくってたオバちゃんたちは、
みんな更衣室に移動してた。

もう1度鏡を見たらちゃんと自分の顔が映ったけど、
絶対に見間違えなんかじゃないよ。

体格もポーズも違うし。

白髪だったし。

目が合ったし。

あわてて私も浴室から出た。

洗えたのは頭だけで体は洗えなかったけど、
それどころじゃない。

怖いよ。あのお婆さん誰?

もう二度とあの銭湯には行かない。

拍手[2回]


コメントを投稿する

HN
タイトル
メールアドレス
URL
コメント