【ほん怖】ほんのりと怖い話まとめ - 【ほん怖】アイリッシュ・ハープ

【ほん怖】ほんのりと怖い話をまとめました!「怖い話は好きだけど、眠れないほど怖い話は読みたくない!」そんなあなたにぴったりな『ほんのりと怖い話』をお楽しみください。
【ほん怖】アイリッシュ・ハープ

スポンサーリンク


10年程前、
知人から(又聞きではなく)直接聞いた話です。

Sさんは日本人ながら、
今ではアイルランド本国でも殆ど演奏する人の居なくなった、
鉄弦のアイリッシュ・ハープを独学でマスターし、
プロの演奏家として活躍しておられます。
(現在のハープはナイロン弦が大半)


当時Sさんは、
何とアイルランドから演奏の要請を受けました。

その際、
この国最後の吟遊詩人にして17世紀の伝説のハープ奏者、
オカロランに敬意を表し、
その墓前で一人ハープを演奏しました。

するとその途端、
右の肩に何かが「ズシン」と乗ったのだそうです。

Sさんは、

「これが、もしオカロランに憑かれたのであって、
突然、素晴らしい演奏が出来る様になったのなら、
それはそれで良いな」

と思いました。

が、全くそういう様子は無く、
アイルランドに居る間、
ただもう肩が重くてだるくて仕方がないだけだったそうです。

それが、帰国の為の飛行機がまさにアイルランドの地を離れたその瞬間、
スッと離れて軽くなったそうです。

何かが乗った気配は消えても、
帰国後2ヶ月位は肩が凝って仕方がなかったそうです。

ちなみに私は若い頃、
本当に小食でガリガリに痩せていたのですが、
12年前に冬のアイルランドを旅行して以来、
別人の様に大食いになってしまいました。

この国は19世紀に大飢饉があり、
100万人以上の方が飢えで亡くなっているので、
「何かに憑かれたのかも」と思う事があります。
(寒い所を歩き回るには食べなければ体がもちませんし、
それをきっかけに胃が広がっただけだとは思いますが)

拍手[1回]


コメントを投稿する

HN
タイトル
メールアドレス
URL
コメント