【ほん怖】ほんのりと怖い話まとめ - 【ほん怖】スローモーションとソックリさん

【ほん怖】ほんのりと怖い話をまとめました!「怖い話は好きだけど、眠れないほど怖い話は読みたくない!」そんなあなたにぴったりな『ほんのりと怖い話』をお楽しみください。
【ほん怖】スローモーションとソックリさん

スポンサーリンク


私はよく子供の頃(幼児~15才ぐらいまで)、
自分以外の周りが全てスローモーションみたいになる経験をしていました。

小さい頃は不思議に思いつつも、
そのうち普通に戻るから特に何も気に掛けてなかった。

でも小学高学年ぐらいからは、
友達と遊んで居る時にはその友達に、
家に居る時には近くに居る家族に、


「ねぇ!なんでゆっくり話すの?なんでゆっくり動くの!?ねぇっ!!」

って言ったりしてたけど、
周りは決まって、

「なんで???なにが?普通にしてるけど」

って答える。

その答え方も私には、

「なぁんんでぇぇ・・・?なぁぁにぃぃがぁぁぁ?」

みたいな低音でスローモーションに聞こえてた。

周りの空気の音(?)、
普段は聞こえない音みたいな物も聞こえてて、
そういう時は必ず周り全部にうっすら霞が掛かったような、
白っぽく世界がユラユラ揺らいで見えてた。

でも、みんなは全然驚かずに普通みたいで・・・。

中学生ぐらいになってからは、
更に不思議な事があって、
私が色んな場所で頻繁に目撃されるようになった。

でも私がそこに居るのはあり得ない場所ばかり。

身内や同級生、近所のおばさんとか色んな人に言われた。

「他人の空似じゃないの~?私じゃないよ~」

なんていつも笑って終わってた。

ある時、親友が、

「○○ちゃん(私)、一昨日、バスに乗ってたよね?
窓からアタシの方を見てたからアタシ手を振ったのに、
シカトするんだもん。酷いな~もう!」

「えっ?一昨日?私は最近は毎日家に居たけど、どこで?」

「○○町で。アタシと目が合ってるのにシカトしてた~」

「え~知らない!そんな場所行ってない!あり得ない!!
最近こんな事が多いんだけど、
私のソックリさんが市内にいるとしか思えない!(半泣)」

でも、幼い頃からの親友が私を見間違える事は無い。

親友は、間違いなく私だったと強い口調で言い張った。

親友曰く・・その時の私は、
バスの中から寂しそうな表情をしてこちらを見ていたって。

こんな会話をしていて、ふと気付いた事。

私以外がスローモーションになる事が頻繁な時、
この私のソックリさんの目撃情報も頻繁だと気付いた。

そして、親友がバスの私を目撃したその時間帯も、
私が自宅でスローモーションを感じてた時間帯と同じ夕方だった。

現在30代の私は、
いつの間にかこんな体験はしなくなってるけど(もう10年は無い)、
いったい何だったんだろう・・・と、未だに不思議に思う。

白く霞がかったスローモーションと、
私のソックリさん(分身?)、
何か繋がりがあるのかなぁ・・・。

拍手[1回]


コメントを投稿する

HN
タイトル
メールアドレス
URL
コメント