【ほん怖】ほんのりと怖い話まとめ - 【ほん怖】デカイ木のウロ

【ほん怖】ほんのりと怖い話をまとめました!「怖い話は好きだけど、眠れないほど怖い話は読みたくない!」そんなあなたにぴったりな『ほんのりと怖い話』をお楽しみください。
【ほん怖】デカイ木のウロ

スポンサーリンク


友人と二人で登った時、
大雨に遭った事がある。

デカイ木のウロに入って雨がおさまるのを待ってると、
誰かがウロの外に集まって来る気配を感じた。

雨は、どしゃ振り。

バケツの中身をブチ撒けたって表現あるが、
まさにスコールみたいな大雨。

立っているのも辛いはずなのに、
集まって来た人達は平気そうだった。

友人は眠っており、
俺は一人で異様な雰囲気にビビっていた。

しばらくすると、
外で歌声が聞こえて来る。

ものすごい雨音だったが、
それ以上に大きな歌声だった。

どこの言葉か知らないが、
雄叫びに曲を付けた様な不思議な歌。

聞いている内に眠くなって、
俺も寝てしまった。

起きた時には、
友人も目を覚ましており、
雨も止んでいた。

その後、普通に下山したんだが、
眠っている時に見た夢も不思議だった。

寝ていたのと同じ木が見えたんだが、
周りの様子は全然違う。

今は山道の道端だが、
夢の中の木の周りは円形の広場になっていた。

ウロの前に石の板が立っており、
その前で原始人の様な人々が歌っていた。

その歌は、
俺が眠る前に聞いたのと同じ歌だった。

俺は、その光景を意識だけで見ていたが、
すぐ隣で誰かの声を聞いた。

男か女かも覚えていないが、
その夢の中の光景は縄文時代くらいの光景で、

木のウロの中は神聖な場所として祭られていたらしい。

又、石の板を通じて、
過去や未来を見通していたとも言っていた。

俺に石を探して欲しい様な事も言っており、
それが気に掛かっている。

下山してから知ったが、
山の近くで縄文時代の遺跡が発掘されていた。

拍手[1回]


コメントを投稿する

HN
タイトル
メールアドレス
URL
コメント