【ほん怖】ほんのりと怖い話まとめ - 【ほん怖】デジャブ

【ほん怖】ほんのりと怖い話をまとめました!「怖い話は好きだけど、眠れないほど怖い話は読みたくない!」そんなあなたにぴったりな『ほんのりと怖い話』をお楽しみください。
【ほん怖】デジャブ

スポンサーリンク


親戚に不思議な子がいた。

2日に一回は既視感を体験するらしい。

どこかで見たことがある記憶が、
現実から若干遅れて再生されるアレだ。

ある日、俺はその子とその子の妹の3人で留守番をしていた。

夏の暑い日だった。

親は寄り合いか何かで出かけていて、
冷房の効いた締め切った部屋の中にも蝉の声が響いていた。

お菓子を食べながら、トムとジェリーを見ていた。

妹がその子に言う。

「おねえちゃん、ジュースなくなった」

その子は冷蔵庫の前に行きジュースを取り出し、
妹のコップに注ぎ始めた時に

「あ…これ見た」

と呟いた。

「おねえちゃん、もうちょっといれてよ」
「おねえちゃん、もうちょっと入れてよ」

寸分違わず同じことを同じように発音する姉妹。

その子は俺の方を見る。

「またデジャブ?」
「またデジャブ?」

俺の声と重なる声。

その後、誰も座っていないソファを見る。

「私の言葉、取らないでよ」

そう言った直後、その子が青ざめて、俺の背中に隠れようとする。

「どうした?大丈夫」

俺の問いかけにも応えず、肩に置かれた手で、
どうやら震えていると分かった。

「ピンポーン」ピンポーン

呼び鈴がなる。

まだデジャブは続いているようだった。

またソファを見る。

「出たら死ぬよ、ふふふ」

直後、その子が倒れた。

驚いた俺はその子を抱き上げたが、
自分の手に余ると思い、寄り合い所に電話をした。

電話がつながって、すぐ

「◯◯が倒れた!」

と告げると、親は『すぐ戻る』とだけ言って電話を切った。

その間、ずっと玄関からは、
ガチャガチャと何かをする音が聞こえていた。

それから数分後、親が戻って来た時に、
玄関で鍵をこじ開けようとする男に出くわしたらしい。

男はすぐに逃げ出し、捕まえられなかった。

数日後、隣の市で強盗殺人を起こし、その男が捕まったと聞いた。

そんな事件から10年後の昨年夏、初めて詳しい話をその子に聞いた。

あの時、部屋の中には3人しかいなかったのに、
デジャブの中では4人目がソファにいたらしい。

それも血まみれの女の子。

人形を抱いて楽しそうにしていたらしい。

その子は夢の中で霊の声を聞き、俺たちを助けてくれていた。

拍手[0回]


コメントを投稿する

HN
タイトル
メールアドレス
URL
コメント