【ほん怖】ほんのりと怖い話まとめ - 【ほん怖】トンチンカンな先生

【ほん怖】ほんのりと怖い話をまとめました!「怖い話は好きだけど、眠れないほど怖い話は読みたくない!」そんなあなたにぴったりな『ほんのりと怖い話』をお楽しみください。
【ほん怖】トンチンカンな先生

スポンサーリンク


高校の時の化学の先生はトンチンカンな人だった。

そんな彼の引っ越し先に奇妙なことがよく起きる。

誰もいない部屋にゼーハーという苦しげな呼吸音がしたり、
床下から突き上げるようにドスドスという音がしたり、
ある日は家中の鏡という鏡にヒビが入ったり。


彼は

「家鳴りがひどい。欠陥住宅だ」

と言っていたが、私たち生徒は

「それは絶対に霊だ」

と噂し合っていた。

そんなある日、新聞部の連中が、
彼の借家で15年前に自殺があったと載っている地元新聞の記事をたまたま発見。

「やっぱり霊だ」

と私たち生徒が騒ぎ、彼も渋々ながら

「霊なのかもしれない」

と納得。

その日の夜から、
彼流の除霊が始まった。

異音がする度に、
彼は布団から出て部屋の真ん中に正座し、

「君はね、もう死んでいるんですよ。
自分の宗教流儀に則って成仏したらどうですか。
私に頼られても無駄ですよ。
そもそも君は迷惑です。
無関係な人間に迷惑をかけてでも、
自分の希望を押し通すなんて身勝手過ぎます。
君も、生きている時は社会人だったのでしょう?
少しは常識というものを考えてですね・・・」

そういうお説教を音が止むまで、
10日ほど続けたそうだ。

そして最後の晩、いつものように異音がし、
いつものようにお説教をかましていたら、
まるっきり人間としか思えないような霊体らしきものが現れ、

「申し訳ありませんでした」

と謝罪し、異音はなくなったんだと。

以来、彼は

『幽霊さえも降参する粘着説教教師』

として、生徒たちに尊敬されることとなりましたとさ。

拍手[1回]


コメントを投稿する

HN
タイトル
メールアドレス
URL
コメント