【ほん怖】ほんのりと怖い話まとめ - 【ほん怖】ドアノブガチャガチャ

【ほん怖】ほんのりと怖い話をまとめました!「怖い話は好きだけど、眠れないほど怖い話は読みたくない!」そんなあなたにぴったりな『ほんのりと怖い話』をお楽しみください。
【ほん怖】ドアノブガチャガチャ

スポンサーリンク


小学6年の頃新築の家に引っ越して、
初めて一人部屋を与えてもらったんだけれど、
引っ越して一年経たない頃から、
昼夜に関わらず棚上の物が勝手に落ちる、
部屋の電気が突然点くなど、
おかしなことが起こり始めた。

極めつけは、
夜中妙な物音で目を覚ますと、
寝ているベッドの対面にある部屋のドアノブが

『ガチャガチャ・・・ガチャガチャッ・・・』

と鳴っていた事。

そのうちそのドアがゆっくりと開いていくのですよ。

ギィー・・・って。

「誰かいる!?」

ガクブルになって布団かぶって無理やり寝てたんだけど、
子供だから好奇心もかなりある。

物凄い心臓の音を自分で聞きながら、
布団の隙間から覗いてみると、
ドアは開いているものの誰もいない。
(次の日親に部屋に来たかと聞いても来てないと言う)

そのドアノブガチャガチャ&ドア開放はそれから一週間近く続くようになり、
(ついでに下半身だけの人も来た)
寝不足にもなっていて(親は信じてくれないし)
ノブガチャの見えない存在にかなり頭にきていた。

ある日、やはり夜中2~3時ごろノブガチャが来たので、
寝不足がピークに達した自分は、
ドアが開くのと同時にドアの前まで行って思い切り叫んだ。

「開けたら閉めろや!!」

その後起きてきた親にチョトしかられた。

でも怒鳴った次の日からドアガチャだけになり、
そのうちそれも無くなりました。

少しは「ごめんね」と思ってくれたのかな?

高校まではその部屋を使っていたけど、
就職のため家を出る事になり、
2、3年家に帰らなかったんです。

ある年夏期休暇を利用して実家に帰ると、
私の部屋はお札で『封印』されていました。

寺の坊さんに

「ここは人の住んでいい部屋じゃない」

と言われたそうで。

うそーん(´Д`;

私が居ない間にあの部屋で何があったのか、
詳しく話してもらえません。

拍手[1回]


コメントを投稿する

HN
タイトル
メールアドレス
URL
コメント