【ほん怖】ほんのりと怖い話まとめ - 【ほん怖】フランス人形のキャサリン

【ほん怖】ほんのりと怖い話をまとめました!「怖い話は好きだけど、眠れないほど怖い話は読みたくない!」そんなあなたにぴったりな『ほんのりと怖い話』をお楽しみください。
【ほん怖】フランス人形のキャサリン

スポンサーリンク


いとこの家にあったフランス人形風の人形がやばかった。

もともとそのいとこの家はよく幽霊の類が良く出るのだが
(自分の心霊体験の殆どがそこで経験)、
その人形はキャサリンと呼ばれていて、
大して古くも無く、いつの頃からその家にあった。

解り易く不気味で、
何よりも目が怖かった。

自分はよくその家にマージャンをしに行くのだが、
後ろから妙に視線を感じる時は決まって後ろにその人形が置いてあった。

いとこ家族は大して気にせず過ごしていたのだが、
ある日その家の子供(いとこ)がキャサリンの夢を見てから、
だんだん家族も気味を悪がり、
意識するうちに家族の一人があることに気がついた・・・

人形の様子が以前と少し違って見えるのである。

実際に自分も見たが、明らかに感じが違ってた。

なんていうのか、生生しいと言うか、
まるで少しずつ生き返った様だった。

しかも、自分は確認していないが髪が伸びているらしいのだ。

こりゃやばいって事で、
どっかの神社か霊能者だかは忘れたが、
浄化して頂く事になった。

自分もキャサリンが浄化されて戻ってくる姿を見るまでは、
気味は悪かったが除霊なんて大げさだと思っていた。

しかし戻った姿を見たときは鳥肌がたった。

全くただの人形になっていたのである。

除霊前の生命感が全く無く、目にも力が無い。

無機質なただの人形になっていたのだ。

やっぱあれは何かが入り込んでいたのだろうか・・・

拍手[4回]


コメントを投稿する

HN
タイトル
メールアドレス
URL
コメント