【ほん怖】ほんのりと怖い話まとめ - 【ほん怖】ベランダでふざけていた

【ほん怖】ほんのりと怖い話をまとめました!「怖い話は好きだけど、眠れないほど怖い話は読みたくない!」そんなあなたにぴったりな『ほんのりと怖い話』をお楽しみください。
【ほん怖】ベランダでふざけていた

スポンサーリンク


中1の頃、知り合ったばかりのKって奴と、
ベランダでふざけていた。

何かのノートを間違ってKが落としてしまい、
空中でキャッチしようと身を乗り出し・・・落ちた。

俺の教室は4階。

大慌てで、
一番近い非常階段から転げ落ちるかのようにして走り、
コンクリートに落ちたKの所に駆け寄った。

既に回りは血だまりができ始めていて、
両足と左手が間接と逆の方に折れて、
骨が飛び出ていた。

妙に赤白い筋肉と、
黄色っぽい脂肪のようなものも傷口から見えていた。

「グオオオオオオオォォォオオオォオ」

といった低い悲鳴をあげ続けているKに、

「ちょっと待ってろ!」

と言って職員室に走り、

「Kが教室のベランダから落ちた、
救急車を呼んで下さい」

と言った。

保険の先生を連れてKが落ちているはずの場所に行くと、
そこには水がぶちまけられていて、
血のシミのような物が洗い流されたような状態で、
花壇のそばに血痕が幾つかあるくらい。

保険の先生も大慌てで、
包帯などを持ったまま

「いないじゃない、場所間違えた?」

と言うが、
教室の真下の地面以外に移動するはずもなく、
結局Kはその日は見つからなかった。

到着した救急車に乗っていた救急隊員にはこっぴどく叱られた。

次の日は祝日だか日曜だかで学校が休みで、
休み明けの次の日、Kは普通に学校に来ていた。

目を細めて俺の方を見て笑いかけ、
指で『×』の形を作って、
その後右手で口を触った。

一週間後、Kは転校していった。

その間俺は、
Kと一度も話すことが出来なかった。怖くて。

今でも鮮明に思い出せるKの大怪我・・・

今まで数人に話したが、
実際にあった話とは信じてもらえてない。

拍手[1回]


コメントを投稿する

HN
タイトル
メールアドレス
URL
コメント