【ほん怖】ほんのりと怖い話まとめ - 【ほん怖】ホラーゲームを中古で買った

【ほん怖】ほんのりと怖い話をまとめました!「怖い話は好きだけど、眠れないほど怖い話は読みたくない!」そんなあなたにぴったりな『ほんのりと怖い話』をお楽しみください。
【ほん怖】ホラーゲームを中古で買った

スポンサーリンク


私は、ある『ホラーゲーム』を
たまたま中古で買ったんですよ。

普段はホラーなんて絶対しないのに、
何だかやってみようかなって気になったんです。

ストーリーや戦い方も結構好みだったので、
家に帰って部屋に閉じこもり、
早速プレイしてみました。

やってたら、
とても怖くて楽しい(?)ゲームだったので、
最初はスムーズに進んでいきました。

ですが、ある話まで進んだら、
ちょっと耳鳴りがし始めたんです。

最初は気になりませんでした。

だけど、
どんどん音が大きくなるにつれ、
体が動かなくなったんですよ。

TVのゲームの画面を見つめて、
コントローラーを握ったままで。
(あれ!?何で!?)

声も出ないので、
心の中で叫ぶしかありませんでした。

すると、急に背中と横腹に掛けて、
激痛が走ったんです。

ホント、動けなくなるような痛みでした。

その痛みと同時に金縛りは解けたんですけど、
耳鳴りは鳴ったまま。

あまりにも痛いので、
コントローラーを握ってるのも、
うずくまりました。

背中が中心的に痛かったので、
息も切れて、意識がもうろうとし始めました。

刺されたら、
もうホントにコレくらい痛いんだろうな・・・と思いました。

ほんっとに痛くて痛くて、

「痛い~・・痛い~・・・」

とうわ言みたいな事を言ってた事をぼんやり覚えてます。

だけど、もうろうとした意識の中で、
変な事に気がつきました。

肩が、誰かが押さえ込んでるみたいにすっごく重いんです。

っていうか、
痛みを耐えるために必死で気づかなかったけど・・・
感触があるんです。

誰かの、手の。

私は一人でゲームをやってたのに。

一人のはずなのに。

誰かが居たんです。

勇気を振り絞って、
バッと振り返ってみると。。。

やはり誰もいませんでした。

だけど、肩は重く、感触があります。

コレはマズいんじゃない?って思って、
痛みに耐え、壁にもたれかかりながらキッチンにたどり着きました。

幸い、台所の近い私室だったんです。

そして、
目当ての塩を無我夢中で手に取り、
肩にまきました!!

そしたら、
嘘みたいに痛みも耳鳴りも晴れて、
肩の重みも感触もなくなったんです。

ですが、ソレと同時。

ペタペタとキッチン中を走り回る音が聞こえるんです。

ソレと一緒に

「ふ、ふふ、ふふふふふ」

って女の子の声が微かに聞こえて・・・。

怖くて、塩をバッとキッチン中にまきました。

そしたら、
足音と笑い声はキッチンを出て、
玄関に向かうんですよ。。。

そのまま、(扉を開けずに)玄関を通って、
その声と足音は消えていったんですけどね・・・。

怖いから、急いで玄関とかに塩をまこう!!と思って、
キッチンに戻ってきました。

すると、キッチンの床に血の足跡がついてました。。。マジで。。。

自分で消すのは怖いので母を呼びにいって、
また戻ってみると消えてましたが・・・。

その後、兄に貸してあげたら、

「・・・背中いて~」

と、言ってました。

兄は鈍感だったので、
大して影響はなかったみたいです。

結局、あの女の子は誰なのか、
何のために出たのか、
よくわからないまま今もゲームをしてます。

・・・・たまに、笑い声も聞こえますが、
あの時ほど酷くないので、
ほっといてます。。。汗

そして、その数日後どうしても気になって、
公式サイトに行ってみると、
本物のうめき声や、
製作者が見た霊をモチーフにした幽霊が出ているらしいです。

うめき声や囁き声は、
消しても消しても消えなかったらしいです。。。

拍手[2回]


コメントを投稿する

HN
タイトル
メールアドレス
URL
コメント