【ほん怖】ほんのりと怖い話まとめ - 【ほん怖】マレーシアの女子刑務所

【ほん怖】ほんのりと怖い話をまとめました!「怖い話は好きだけど、眠れないほど怖い話は読みたくない!」そんなあなたにぴったりな『ほんのりと怖い話』をお楽しみください。
【ほん怖】マレーシアの女子刑務所

スポンサーリンク


祖母がまだ幼少の頃
マレーシアに住んでいた時の話。

たくさんの子供を養う為、
近所の女子刑務所に日雇いに出ていた曾祖母。

ある日とつぜん、
生理が止まったきり来なくなった。

心当たりは無いそうだが、
お腹が大きくなってきた上、
ぶっ倒れてウワゴトを言うので、
山に住む祈祷師の所まで祖母が背負って行った。
(医者に診て貰っても原因がわからなかったそうだ)

祈祷師のおばあさんに見せると、
妊娠していた死刑囚を絞首刑にする時、
地面に敷くワラを用意する仕事を曾祖母がやった為、
死んだ死刑囚が曾祖母に胎児を背負わせてしまったとのこと。

普通に考えたら一種の想像妊娠だと思うんだけど、
でも当の曾祖母はそのことを知らなかったみたい。
(死刑囚でも妊娠がわかれば出産を終えてから刑が執行されるし、
そもそも曾祖母は刑には立ち合わない)

祖母が後に刑務所に確認したら、
本当にそうで大層騒ぎになったらしい。

結局、身体を清めるお払い的なことと修業をしたら一月で治った。

そしてついでに祖母の未来について予言までしてくれたそうだ。

曰く、自身は息災で長生きするが、
常に誰かの病床の面倒を世話するだろう。

…曾祖母は後に早くに病気に倒れ長く介護を要したし、
祖父も定年頃癌になり現在はパーキンソンも出て、やはり要介護。

祖母は気も若いし元気。

拍手[1回]


コメントを投稿する

HN
タイトル
メールアドレス
URL
コメント