【ほん怖】ほんのりと怖い話まとめ - 【ほん怖】レストランの予約をした

【ほん怖】ほんのりと怖い話をまとめました!「怖い話は好きだけど、眠れないほど怖い話は読みたくない!」そんなあなたにぴったりな『ほんのりと怖い話』をお楽しみください。
【ほん怖】レストランの予約をした

スポンサーリンク


先日の話。

私は学校の同期と飲み会があり、
お店の予約をする事になっていた。

京都の三条あたりで
一度行ったことあったイタリアンを予約することに決め、
さっそく電話してみた。

電話口で若い感じの男性が応対してくれて、
日にち時間、人数とかコースをあらかた伝えて予約を完了した。

しきりにノイズとかで会話がつかえて、
その度に

「もしもし」

と仕切り直して結構な時間が掛かってたと思う。

だいたい10分くらい。

電波が悪かったりするのは別段不思議じゃないんだけど、
相手の声がハウリングしたみたいに
女の高い声みたいなのがまじってて、
なんか気持ち悪かった。

それで、
予約日に皆でお店のあるビルまで行ったんだけど、
エレベーターに乗った時点で何かおかしい。

普通ビルの何階にどんなお店が入っているか看板があったり、
エレベーター内に書いてあったりするんだけど、
一階の看板に目的地の店名がない。

ネットで書いてあったり階層の表記が、
看板を見ると抜けてる。

どの階かはわかってたから、
とりあえずエレベーターに乗り
お店まで行ってみた。

幸いエレベーター内に同じような看板があって、
ちゃんと名前が書いてあった。

到着してみて初めて不安がよぎった。

まだ明るい時間帯とは言え、
店に電気はついておらず、
店内はがらんとした様子。

テーブルとか椅子が一切ない。

店員もいない。

フロアを間違えたかと確認してみたが、
9階で合ってる。

気持ち悪くなって
みんな一旦1階まで降りて外に出たが、
予約した自分は責任感で冷や汗たらしまくり。

ビルもあってる。

フロアもあってる。

宥められながら
もう一度食べログを確認して見たら、
どういう訳か

『閉店、移転の確認が取れないため…』

て書いてあった。

更新も1月からされていないらしい。

電話を掛けてみたが、
通話音すらならない状態だった。

完全に狐に摘まされた気分で、
飲み会メンバーに平謝りしながら違う店で飲む事に。

その店を気に入っていた母には潰れたことを伝え、
予約時の会話が後から怖くなった私は、
履歴から店の番号を消した。

場所わかる人いるかも知れませんが、
電話予約注意してください;;

拍手[1回]


コメントを投稿する

HN
タイトル
メールアドレス
URL
コメント