【ほん怖】ほんのりと怖い話まとめ - 【ほん怖】ロンドンの結構立派なホテル

【ほん怖】ほんのりと怖い話をまとめました!「怖い話は好きだけど、眠れないほど怖い話は読みたくない!」そんなあなたにぴったりな『ほんのりと怖い話』をお楽しみください。
【ほん怖】ロンドンの結構立派なホテル

スポンサーリンク


高2の夏、
イギリスでホームステイをしてた。

同じ学校から8人参加していて、
日本に帰る前日はロンドンの結構立派なホテルに泊まった。

2名1室で、隣同士の部屋、離れた階の部屋、
さらに離れた階の部屋の4室に分かれることになり、
自分と同じ部屋になったAさんは、
一番離れた部屋の鍵をもらって部屋に向かった。

数年たった今なら、
家具の配置なんかが心理的によくなかったのかなぁ、と思うのだが
当時はドアを開けて部屋を見た瞬間、綺麗なんだけれど、
よく分からない気持ち悪さがして何だかそわそわした。

まぁそんな事をAさんに言うのも気を悪くさせるだろうし、
黙っておいた。

まだ夕方だったので、
Aさんと

「今からどっか遊びに行ってゴハン食べて帰ってこようか」

と決めて、
それぞれ着替えたり、色々と支度をしている最中、
ふいにAさんが

「ねぇ、この部屋、なんかきもちわるくない?」

と言ってきた。

私も黙っていたもののずっとその事が気になっていたので、
二人で

「やっぱりー!?」

と一瞬盛り上がった。

この体中が少しだけ緊張しっぱなしの、
そわそわ感。

そして原因のわからない気持ち悪さ。

そんなに広い部屋でもないし気になるので、
二人であちこち見て回った。

部屋に入るドアを開けて正面は2つの窓。

ドアのすぐ右側には、
頭をドア側(廊下側)にしてある二人分のベッド。

それぞれの枕元にサイドボード。

その上にランプ。

全て廊下側の壁にぴったり引っ付けた配置になっている。

ドアから左側には、半身を映す横長の鏡。

これで一部屋。

鏡の向こうに、バルルームのドアある。

まず二人でバスルームを見に行く。

何故だかさっきまでの気持ち悪さがなくなり、

「あれ?そんなに・・・だねぇ?」

「お互いに思っていたことを口にしてスッキリしちゃったんじゃないのー?」

なんてチョット笑いながら、
さっきまで居た部屋を振り返った瞬間、
ものっっすごい嫌な空気を感じた。

さっきまで以上の。

どちらが言ったのかも覚えていないけれど、

「早く、出かけよ・・・」

となり、黙ったまま部屋を後にした。

廊下に出るまで慌てなかったし、
走らなかったし、
謎のパニック状態でもキャーキャー叫ばなかった。

それをしてしまえば、
頭のどこかでバカバカしいと思いたい、
説明のできない恐怖を認めてしまう気がして。

外に出てしばらくすると、
さっきまでの事が嘘のように感じた。

地下鉄に乗って、色々買い物をして、
別の部屋の友達とも待ち合わせをして、
一緒に晩ゴハンを食べた。

その時Aさんが他の子に

「部屋、どう?」

と聞くと、

「部屋なんて、普通だよ」

という普通の答えが返ってきた。

何でそんな事聞くの、という流れになって、
夕方に部屋で起こった事を話した。

気のせいじゃないの?と言われるかと思ったけれど、
みんな優しくて、

「もう一回部屋に帰って怖かったら、
こっちの部屋で寝なよ」

と言ってくれた。

ホテルに帰ってきて、
他の部屋の人達と途中で別れる。

私とAさんで部屋に戻り、ドアを開ける。

さっきほどではないけれど、
やはり気持ちが悪い感じがする。

「思ったんだけど、
ベッドの頭の位置が廊下とドアに近い、
っていうのが不安を感じる原因じゃないの?
無防備というか」

と言いながら、
枕元にあったランプのシェードを何気なく動かして、
次の瞬間ドキッとした。

大きなシェードに隠れていて気付かなかったが、
後ろの壁にこぶし大の汚い穴が開いていた。

思わずAさんのベッド側のランプの裏にある壁も見てしまう。

そこにも同じく穴が開いていた。

私の行動を見ていて、
Aさんも穴に気付いた様で、
やや引きつった顔でサイドボードをずらして裏の壁を見ると、
今度は手のひら大の汚い穴が開いていた。

「やだ・・・何?この穴?」

と言いながらも、
確認しなくてはいられないのか、
Aさんはベッドをぐぐっとずらした。

私も合わせる様に自分側のベッドを静かに動かした。

もう言葉が何もでなかった。

這えば通れる程の大きい穴、
何かの形をしているような穴。穴。穴。

壁に開いた穴の奥は虚ろな暗い空洞で、
今なら壁の厚みを考えて

「なぁんだ」

と言えるけれど、
その時の私とAさんはもう腰が抜けてしまって、
Aさんが座ったままのろのろと電話に手を伸ばし、
他の部屋の人達に

「おねがい、もうだめだわ、すぐきて」

とポツリポツリと伝えるのを、
私は恐怖につぶされそうになりながら見ていた。

程無くして来てくれた人達も、
一瞬、壁の穴を見て固まってしまったけれど、
座り込んでいる私達二人を抱えるようにして連れ出し、
荷物もまとめて違う部屋に運んでくれた。

後で彼女達も

「ドアを開けた時、
気持ち悪いって言っていた意味がなんとなく分かった」

と言っていた。

無駄に長いし怖くないし、
幽霊も出ない話で申し訳ない。

時間が増すごとに逃げ出したくなるあの部屋が、
自分の唯一の怖かった体験でした。

拍手[1回]


コメントを投稿する

HN
タイトル
メールアドレス
URL
コメント