【ほん怖】ほんのりと怖い話まとめ - 【ほん怖】一ノ宮貫前神社の御鎮神事

【ほん怖】ほんのりと怖い話をまとめました!「怖い話は好きだけど、眠れないほど怖い話は読みたくない!」そんなあなたにぴったりな『ほんのりと怖い話』をお楽しみください。
【ほん怖】一ノ宮貫前神社の御鎮神事

スポンサーリンク


群馬県富岡市一ノ宮にある一ノ宮貫前神社の御鎮神事。

神事での祭典奉仕中、
一言も喋ってはいけない。

喋べると死にます。


自分が持ってる神事に関する本にある記載によると、
ある宮司が玄関先でつい

「火は大丈夫か?」

と言ってしまった。

その翌日に急死。

いつもの口癖だったらしいが、それが仇に・・・

つまずいた時につい「あっ」と言ってしまい、
頓死した神職の方もいるそうです。

ちなみに、咳払い等でも死を免れないとのこと。

またある時、祭事を行っている神職をみた神馬がいなないたと思った瞬間、
即死したことがあるそうです。

祭の内容は、
社務所の座敷で草履を履き、
土間に降り、提灯一つを持ち、
参道を通り御鎮塚に供物を納めて帰ってくる、というもの。

その際、近くの民家は明かりを消すので、
神事中辺りは真っ暗になります。

神事を行っている最中の神職を見たら障りがある、
とのことなので。

ちなみに、この神事で神職の方が履いた草履は最高の魔避けになるとのことです。

拍手[1回]


コメントを投稿する

HN
タイトル
メールアドレス
URL
コメント