【ほん怖】ほんのりと怖い話まとめ - 【ほん怖】不思議な物が落ちていた

【ほん怖】ほんのりと怖い話をまとめました!「怖い話は好きだけど、眠れないほど怖い話は読みたくない!」そんなあなたにぴったりな『ほんのりと怖い話』をお楽しみください。
【ほん怖】不思議な物が落ちていた

スポンサーリンク


祖父の話

若い頃の祖父は林業を生計をたてていた。

ある日祖父はそろそろ出荷するための木を選んでいる時に、
道の真ん中に不思議な物が落ちているのを見つけた。

手に取ってみると、
其は表面に美しい彫りこみのなされた瓢箪で出来た水入れで、
中に何か液体が入っていた。

蓋を開けて中身を少し地面に垂らしてみた所、
どうやら血の様だった。

急に恐ろしくなり家に逃げかえり、
次の日にまたそこへ行ってみると、
瓢箪はなくなっていたが、
代わりの様にカラカラに干からびた鼠と烏が打ち捨てられていた。

拍手[1回]


コメントを投稿する

HN
タイトル
メールアドレス
URL
コメント