【ほん怖】ほんのりと怖い話まとめ - 【ほん怖】中国にて

【ほん怖】ほんのりと怖い話をまとめました!「怖い話は好きだけど、眠れないほど怖い話は読みたくない!」そんなあなたにぴったりな『ほんのりと怖い話』をお楽しみください。
【ほん怖】中国にて

スポンサーリンク


6年前、高校生だった俺は、
2年生全員で行く修学旅行に行った。

行き先は中国、主に北京。

万里の長城やら京劇のOB楽隊の演奏やら見て初日は終了。

二日目の天安門広場を見に行った後に、
休憩がてら寄った景山公園とかいう公園。

びっくりする位物乞いさんが沢山いた。

田舎者の俺にはカルチャーショックだった。

中でも一番目を引いたのが、
スケボーにあぐらで座り、スケボーの先端にバケツを置いた、
(顔は見てないが体躯から恐らく)幼い男の子だった。

男の子には右腕が無くて、
汚いトレーナーの右袖口が何でか縛ってあった。

んで、残ってる左手で地面を弾くようにして、
人から人に移動して物乞いしてたんだと思う。

そこに、半分DQN入っちゃってる
俺の友人Yが颯爽と現れた。

紹介すると、Yは調子に乗ると
度が過ぎた行動を取ることで有名だが、
反面かなりヘタレビビリな何か残念な奴。

今回、宿泊先の部屋も同室。

「なに見てんの?」

と聞いてくるので、スケボーの少年を指し、

「中国って大変なんだな」

みたいな事言ってたら、
Yはスケボー少年に興味津々。

俺の静止を聞かず、
スケボー少年に向かって行った。

なにやってんだあいつとか思ってたら、
財布から一元札三枚位取り出して、
ニヤニヤしながら

『入れよかな』

みたいな感じで、
少年をからかう様にヒラヒラさせてた。

でもそん時俺達は、

『物乞いが群がって来たりすると面倒な事になるから金はなるべく出すな』

って注意されてた。

だけどYはお構いなしに、
スローイングよろしく一元札を
少年のバケツに投げ入れようとした。

でもバケツの淵に当たってしまい、
狙いは外れ地面に落ちた。

そしたら、わっ!と
周りにいた物乞い達が
それを拾いにしっちゃかめっちゃか集まった。

スケボーの物乞いはバランス崩して、
バケツもひっくり返した。

バケツから小銭が散らばり、
それを取ろうと更に他の物乞いが寄って集った。

渦中でYは青くなって困惑してた。

そしたら、警察というより公園警備員さんみたいな人とか、
担任やガイドさんが駆けつけて、青くなってるYを救出。

警備員とガイドさんが話してて、Yは先生に連れてかれてた。

警備員さんとガイドさんさんの後ろで、
少年がぐったり倒れてるの見て戦慄したわ。

死んでんじゃねえかと思った。

たぶん踏まれたりしたんじゃないかとか色々考えてたら、
俺も誘導されてバスに向かった。

先生の誘導でバスに乗り込み、ホテルに向かう事に。

Yのバス席は部屋割りと同じで隣。

彼は窓側、俺通路側。

Yは先生に絞られたのかショックが抜けないのか、
まだ青い顔のまま。

そっとしといてやろうと、
隣でゲームボーイのカービィやってた。

その1時間後くらいだったと思う。

Yが飛び跳ね

「うひぃぃ!」

みたいな声出したから、俺もビクッとなった。

バス酔で吐くのかとか思った。

そしたら、

「あれっ!いま、アレが、いたっ!」

とかパクパクしながら言うから、

「なにが?」

って聞いた。

「あのスケボーの物乞いが、歩道から睨みつけていた」

と。

でも景山から何キロも離れてるし、
んなことあるわけがない。

「他人の空似か見間違いだろう」

と宥めた。

ナーバスになって幻影を見たんだろうと思った。

だけどYはまだ青いまま。

ホテルに着いて、部屋に入っても
まだ青いYを売店に誘った。

そうすれば気が紛れるかなー、と。

エレベーターで一階に降りて、ロビーを抜け、
真っ直ぐ歩いて突き当たるT字廊下の左の先に売店はある。

俺はトイレに行きたくなって、

「廊下の途中にあるトイレに行かないか」

と聞いたが、Yは

「一人で行け、俺は先に売店に行く」

と。

あの時Yは、少し落ち着きを取り戻してた気がする。

んで、俺がそうかとトイレに入り便器に向かい、
いざ放尿しようとしたら、

「ぎいやあぅあっっ!」

みたいな感じの叫びが聞こえた。

尿意が引っ込んだ俺はトイレを出ると、
3mくらい先でYが壁に張り付いて

「すいません」

言いながらとか震えてた。

「どうしたんだ?」

と聞いてみたら、

「ああの、アレがっ!い、いたっ廊下横切って!」

とか要領を得ないが、
その後の説明でなんとなくわかった。

T字廊下の先を、
隻腕のスケボー少年が売店側から横切って右側へ行ったらしい。

手で地面を狂ったようにはたきながら。

「んな馬鹿な」

と、俺はT字廊下の突き当りまで進んで左右を見回したら、
左は売店、向かい側は表記を見る限り
ボイラー室だったと思う。

立ち入り禁止だった。

そしたら売店から丁度担任の先生が出てきたんで、

「先生、さっきこの辺に誰かいました?」

って聞いた。

「いや、お前ら以外には今んとこ見とらんあ」

と言うので、事の経緯を話したら、
青くなってるYを色々説教じみた宥め方で慰めてた。

そんな二人を尻目に、
俺は例のソレが消えてったって方に向かった。

好奇心で。

ボイラー室の扉にゃ鍵が掛かってるし、
一般人が入れそうにもない。

事実上行き止まりだった。

でもなんか気になったから隈なく見てたら、見つけた。

偶然だとしても戦慄したわ。

ドアストッパーみたいな奴の横に、
くしゃくしゃの一元札。

ちょっとゾッとしない気分だったが、
何故か財布の中にそれを拾い入れた。

この時には何でか誰にも何にも言わなかった。

Yにも先生にも。

帰ってからいろんな奴に話したら引かれました。

この時の一元札は、
今でも俺んちのスティッチの貯金箱に入ってます。

これで終わりです。

特に後は何も起こりませんでした。

拍手[3回]


コメントを投稿する

HN
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
無題

やっと貯めた小銭もその時に取られたのかと思うと少年の無念が…