【ほん怖】ほんのりと怖い話まとめ - 【ほん怖】五泊六日の自然学校

【ほん怖】ほんのりと怖い話をまとめました!「怖い話は好きだけど、眠れないほど怖い話は読みたくない!」そんなあなたにぴったりな『ほんのりと怖い話』をお楽しみください。
【ほん怖】五泊六日の自然学校

スポンサーリンク


小学校5年の時の五泊六日の自然学校。

はじめの1泊は宿舎、
あとはテント泊って予定。

キャンプ場に着いて色々説明を受けたあと、
宿舎にいき50畳ぐらいの部屋に入った。


自由時間があって、
みんなと部屋の中走り回ったりなんかして遊んでたんだけど、
飽きてきて、誰も見ていないときに布団が詰まってる押入れに入って隠れた。

誰かを驚かしてやろうと思ってね。

そしたら急に眠気が襲ってきた。

目が覚めたらまだ押入れの中にいた。

あー寝ちゃったヤベェと思って、
押入れ開けたら外には誰もいないし荷物もなかった。

怖くなって、
とにかく部屋を出て靴箱のところに行った。

そしたら先生がいて、

「○○くんまだいたの?はやくーもうバス出るよ」

って。

わけもわからず先生に付いて行くと、
みんなが集合してバスに乗り込んでいた。

最終日、帰る日だった・・・・

中4日の記憶が全くないの。

さすがにずっと寝てたとか、
忘れられてるなんてありえないし、
ホント不思議だった。

予定にあったカレー作りや、テントで寝たり、
山のぼったりボートにのった記憶もなかった・・

飯ごう炊飯のために持っていった材料もそのまま残ってたしなぁ・・ 

更に不思議だったのは、
合宿中につける日記帳には感想文が書いてあったんだよなぁ。

しかもおれの字じゃなかったっていう・・。

その字はノートのマス目いっぱいの大きく、
まるで定規で書いたような字で特徴があった。

月日がたって6年になって、
たまたま友達のノートを見たら、
自然学校の日記帳に書いてた字と全く同じだった。

アレ???って思って、そいつに

「変わった字書くね」

って言ったら、ハッとしたような顔してた。
(勘違いかもしれんが・・)

そしたら、次の日からそいつが来なくなり、引っ越してった・・

拍手[2回]


コメントを投稿する

HN
タイトル
メールアドレス
URL
コメント