【ほん怖】ほんのりと怖い話まとめ - 【ほん怖】今までごめんなさい

【ほん怖】ほんのりと怖い話をまとめました!「怖い話は好きだけど、眠れないほど怖い話は読みたくない!」そんなあなたにぴったりな『ほんのりと怖い話』をお楽しみください。
【ほん怖】今までごめんなさい

スポンサーリンク


話しても信じてもらえないだろうと心のなかに留めておいた、
自分自身におきた不思議な体験をここに書きます

今から約三年前、
高校一年のときに自殺しようとしたんだ。

理由はメンタルヘルス案件だから省くけど。

家出をして、
夜中11時頃に大阪の西○条に着いた。

しばらく家族のこととか考えて適当に歩きまわっていた。

携帯を確認したら知らぬまに夜中の2時頃になっていた。

携帯は機内モードにしててGPSが起動できないようにしてて、
着信履歴やメールはなかった。

ふと目の前に5階建てで階段が外についてるグレーの建物があって、
そこで飛び降りようと決意した。

他にも高いマンションとかあったけど、
入り口が入れないところしか見当たらなかった。

いつも持ち歩いてるメモ帳を一枚とって、

『今までごめんなさい』

とその場で書いてポッケに入れて、
その建物からそれまでの2年間を切って後悔しながら飛び下りた。

頭から落ちようとしたけど、
縦に一回転して道路に足から落ちた。

全身に強い衝撃が走ったとともに周りが真っ暗になった。

痛みがないと不思議に思っていたら、
誰かになにか声をかけられた。

あの世の人かなと思っていたけど、
肩を叩かれていたからそうじゃないとすぐわかった。

目を開けたら夜が明け始めていて。

僕のそばにいかにもジョギングしてる服装のおっさんが、

「君、こんなところで寝ててどうしたんだ??大丈夫か?」

としきりに言われていた。

僕はすぐに声はでなかった。

辺りを見るとその例の建物が後ろにあって、
自分の体をみると足は折れてもなく傷すらない。

ここでようやく

「大丈夫です、心配お掛けしました」

とおっさんに対して言って、
その場から逃げるようにして去った。

咄嗟に西○条駅にいき、
関東にある実家に一回帰ろうと考えていた。

5分ほどで駅につき、
駅にある時計をみると朝6時になっていて電車が走っていた。

電車に乗り一旦落ち着いた。

そこで今までのは夢だったのかなと考えていて、
ふとポッケのに手を入れた。

そこには飛び降りる前に

『今までごめんなさい』

と書いたメモ用紙がズタズタになって入っていた。

拍手[2回]