【ほん怖】ほんのりと怖い話まとめ - 【ほん怖】仲間たちと星を見に山に登った

【ほん怖】ほんのりと怖い話をまとめました!「怖い話は好きだけど、眠れないほど怖い話は読みたくない!」そんなあなたにぴったりな『ほんのりと怖い話』をお楽しみください。
【ほん怖】仲間たちと星を見に山に登った

スポンサーリンク


若い頃、仲間たちと星を見に山に登った。

松の木の枝の下にテントを張り、
星を見るのもそこそこにお喋りに花が咲いていた。

そんな中、一人の女の子だけがまったくしゃべらない。

「具合でも悪いの?」

と問うが、その子は何も答えず、
隣にいたその子の友人が代わりに

「あ、き、気にしないで。大丈夫だから」

と、なぜかあせって答えた。

翌朝、その子に

「ゆうべはどうしたの?」

と聞くと、

「木が生い茂った奥の方から、
お神楽が一晩中聞こえてたんです」

と答えた。

その子の友人曰く、
彼女は『見える人』なのだそうだ。

下山前、気になって彼女が言っていた林の奥に行って見た。

少し歩くと開けた場所があり、
地面にはお社の跡らしき礎石が並んでいた。

拍手[2回]


コメントを投稿する

HN
タイトル
メールアドレス
URL
コメント