【ほん怖】ほんのりと怖い話まとめ - 【ほん怖】入り口の無い部屋

【ほん怖】ほんのりと怖い話をまとめました!「怖い話は好きだけど、眠れないほど怖い話は読みたくない!」そんなあなたにぴったりな『ほんのりと怖い話』をお楽しみください。
【ほん怖】入り口の無い部屋

スポンサーリンク


俺の家、入り口の無い部屋があった。

外から見ると、
一部屋分の区画があるのがわかる。

窓もあったので、
ここに部屋があるんだなとすぐにわかった。

小さい頃窓から覗いてみたりしたけど、
内側から板が打ち付けてあって中は見えない。

父ちゃんと母ちゃんに聞いても、

「昔からああだ」

と言ってよく知らない様子。

その部屋の区画に至る廊下の先は土壁になっていて、
側面の壁と質が違ったから、
ひょっとしたら入り口を塞ぐために後から壁作ったのかな、
と思っていた。

ずっと昔から興味の対象だったんで、
就職して初任給でしたことは、
工務店呼んでその壁を壊すことだった。

父ちゃんと母ちゃんも興味があったみたいで、
やってみろとのこと。

壁を崩すと、
木を格子状に組んだ戸があった。

開けて中に入ると、
4畳くらいの広さの部屋に、
箪笥が一つ、ちゃぶ台が一つ、

さらにちゃぶ台の前には、
背丈が40~50cmくらいの和風のお人形がちょこんと座らせられていた。

ちゃぶ台の上には皿がいくつか置かれ、
いつのものかわからない料理?が干からびていた。

窓に打ち付けられた板の隙間から日の光が射し込んで、
ちょっと綺麗だった。

箪笥の中はほとんど空だったけど、
一番下の段に着物が数着入っていた。

と言ってもサイズは小さく、
どうやらお人形用のようだった。

結局、何のための部屋なのか判らずじまい。

じいちゃんばあちゃんはもういないし、
父ちゃん母ちゃんはやっぱり知らない。

ともかくちょっとお人形がかわいそうだったので、
部屋を掃除して窓の板も外して、
新しい着物を着せてあげて、
何となく毎日ご飯を持っていっている。
(でも以来、特にいいことと言えることは起こってない。
やっぱり偶然だったのかね?)

ちょっと怖いというか神秘的な雰囲気だったので、
お人形を追い出して部屋を別のことに使うことはしなかった。

それからしばらく、
親戚の人の病気が治ったり、
弟が結婚したりといいことが続いた。

俺は勝手にあの部屋とお人形のご利益だと思っているので、
今も欠かさずご飯を持っていっている。

拍手[1回]


コメントを投稿する

HN
タイトル
メールアドレス
URL
コメント