【ほん怖】ほんのりと怖い話まとめ - 【ほん怖】冷やし中華食べたい

【ほん怖】ほんのりと怖い話をまとめました!「怖い話は好きだけど、眠れないほど怖い話は読みたくない!」そんなあなたにぴったりな『ほんのりと怖い話』をお楽しみください。
【ほん怖】冷やし中華食べたい

スポンサーリンク


大好きだった祖母が自宅で亡くなったんだけど、
その後は時々、台所と奥の寝室を往復する足音が
お盆やお彼岸に聞く事があった。

祖母は糖尿でよく喉の渇きを訴えていて、
でもボケてた事もあり水を飲むのに何度も廊下を往復していた。

そんな祖母が数年前に夢の中に出てきて、

「○ちゃん(私)、冷やし中華食べたい」

と言って来た。

死んだ人と口きくとマズイと聞いてたんで黙ってたら、

「お爺ちゃんの分もね」

と手を振って消えていった。

数日後、お盆だったんでお墓へのお供えに、
小さい器にミニチュア冷やし中華二つを作って墓参りして供えたら、
その日の晩に

「○ちゃん、美味しかったよー。ありがとねー」

と、祖母が夢の中で笑顔で手を振ってた。

それ以来、祖母は夢に出ないし、
実家の足音も聞かれなくなった。

どこかもっと遠い所に行っちゃったのかも。

拍手[1回]


コメントを投稿する

HN
タイトル
メールアドレス
URL
コメント