【ほん怖】ほんのりと怖い話まとめ - 【ほん怖】凍りつく

【ほん怖】ほんのりと怖い話をまとめました!「怖い話は好きだけど、眠れないほど怖い話は読みたくない!」そんなあなたにぴったりな『ほんのりと怖い話』をお楽しみください。
【ほん怖】凍りつく

スポンサーリンク


秋の山間の川原で「いも煮会」が行われた。

ワイワイとみんなで鍋を食べる。

自然の中で食べるとうまいものだ。

遅れて見知らぬ家族が来て、
すぐ近くで火を起こし始めた。

少し風があるので川原の石で火を囲もうとしている。

横目で見ながら酒を飲み、
バカ話に華を咲かせていた。

するといきなり後ろから

「ケケケケケッ!」

と異様な大きな笑い声が聞こえた。

一瞬みんな凍りつく…

「妖怪!?」って思える声。

振り向くと見知らぬおばさん(家族の一人)が
中腰で後ろ向きにかがんで立っている。

家族のおじさんが駆け寄って行った…キツネ憑き?

こちらも数人で動かないおばさんに寄っていった…

「どうかしましたか?」

ぎっくり腰だった…

あまりの痛さに笑ってしまったらしい。

手を貸して車まで連れて行ってあげ、
帰っていった…

「あまりに痛いと人って笑うんだね」

「いやあせったね~」

「お化けかと思った」

人事ながら笑い話で酒がすすんだ。

拍手[1回]


コメントを投稿する

HN
タイトル
メールアドレス
URL
コメント