【ほん怖】ほんのりと怖い話まとめ - 【ほん怖】友人が高速道路で事故った

【ほん怖】ほんのりと怖い話をまとめました!「怖い話は好きだけど、眠れないほど怖い話は読みたくない!」そんなあなたにぴったりな『ほんのりと怖い話』をお楽しみください。
【ほん怖】友人が高速道路で事故った

スポンサーリンク


友人が高速道路で事故った。

よそ見運転のクルマに横から特攻され、
スピンしながらガードロープの支柱に激突した。

クルマはまっぷたつ、運転席は完全に潰れ、
原型を止めないほど破壊しつくされた。

ところが乗っていた友人は、
まっぷたつになったクルマの中で生きていた。

しかも、かすり傷が2~3ついただけだったという。

ぶつけた相手が驚いたし、
何よりも現場に駆けつけた警察官が、
まっぷたつのクルマの乗員と気付かず、
残骸の中にいると思い込んで探していたらしい。

何が怖いって、
そいつその事故の時シートベルトをしてなかったって言うんだ
(警察には黙っているらしいが)。

普段はしているんだが、
その時だけたまたま付け忘れたんだと。

クルマが破壊する直前、
何か手のような感触のものに
ぬっと助手席の方に引っ張られたんだってさ。

シーツベルトを付けていたら、
運転席に固定されたままで助からなかっただろうとも。

俺は取り敢えずそいつに

「ご先祖様の墓へ言って礼を言ってこい」

と言っておいたよ。

拍手[1回]


コメントを投稿する

HN
タイトル
メールアドレス
URL
コメント