【ほん怖】ほんのりと怖い話まとめ - 【ほん怖】友人と物探し

【ほん怖】ほんのりと怖い話をまとめました!「怖い話は好きだけど、眠れないほど怖い話は読みたくない!」そんなあなたにぴったりな『ほんのりと怖い話』をお楽しみください。
【ほん怖】友人と物探し

スポンサーリンク


俺は昔、かなり古い家に住んでいた。

まぁ13歳ぐらいで、
祖父さんとよく物探しをしていたのは今も覚えてる。

それで7月の夏休み初日、
友人8人ほど俺の家に遊びに来た。

それはバラエティ豊かで、
黒人とか天然パーマとか霊感が強いやつとか、
いっぱい集まったわけだ。

理由は、
俺の家は東から西にかけて広がっていて、
一番東の部屋が物置になっている。

それで祖父さんに頼んで、
物置を開けてもらったわけだ。

「なんかないかな」

とみんなで漁っていたら、
黒人のボブが物置の一番奥から出てきて、

「なにこれwwなんか鍵が出てきたw」

と言って、みんな騒いだ。

これなんの鍵だと祖父さんに聞いたら、
分からんと言ったので、
どっかに扉がないな皆で探したわけだ。

それで3時間ほど経って、
天然パーマのやすし(仮名)が仏壇が置いてある和室で、
さびた鉄格子?みたいな扉を見つけたんだ。

しかもここは一階で、
しかも階段が奥に続いていたんだな。

祖父さんもこんなところ初めて知ったらしくて、
これからどうするか考えていたんだ。

そして、仲良し8人と祖父さん1人、
みんな好奇心旺盛な年頃なんでノリで行くことにした。

なんと祖父さんもやる気マンマンで、
地下室で直行することになった。

中はホコリがすごいし、
階段はミシミシいうし最悪だった。

それでなんとか階段を降りると、
なんか畳10枚ぐらいの広さがあって、
なんか日本人形が30体ぐらい置いてあったんだ。

そこで調子にのったボブが祖父さんに、

「これ一個頂戴。アメリカに住んでる祖父さんに送る」

と言いだして、
大小30個ぐらいある日本人形をボブにくれたわけだ。

そして、曾婆さんに今日起こったことを聞いてみると、
昔(60年前)終戦後の食糧危機で、
曾婆さんの姉の娘が亡くなったらしい。

それで、後を追うように曾婆さんの姉も亡くなってしまって、
供養するために、生前可愛がっていた日本人形を買ったわけだ。

何故30体もあったかたというと、
曾婆さんの姉の年+亡くなったお子さんで決めたらしい。

何故地下室に日本人形を置いたのかは聞いていない。

ちなみにボブは今大学2年生で、
祖父に送った人形は特になんともないらしい。

拍手[1回]


コメントを投稿する

HN
タイトル
メールアドレス
URL
コメント