【ほん怖】ほんのりと怖い話まとめ - 【ほん怖】同窓会の写真

【ほん怖】ほんのりと怖い話をまとめました!「怖い話は好きだけど、眠れないほど怖い話は読みたくない!」そんなあなたにぴったりな『ほんのりと怖い話』をお楽しみください。
【ほん怖】同窓会の写真

スポンサーリンク


2年前の11月2日、中学3年生時代の同窓会を開いた。

俺は4人いた幹事の一人で、写真を撮ったり雑用をしていた。

4人とも学年のリーダー格で、
参加者全員の顔と名前を知っていたので、
撮った写真を写っている人数分焼いて、
各々封筒に入れて送る手配をしていた。

「えっ、こいつ誰?」

酔ってじゃれあっている3人と、
そいつらをを取り囲む5人の写真に、
名前がわからない人物が一人いた。

なんだかその場にいたような気もするが、
どうしても思い出せなかった。

同窓会はとある旅館の宴会場で行ったのだが、
会場まではご主人に送ってもらったり、
彼氏彼女がついてきたりはしていたが、
中まで一緒に入ってくることは無かった。

遅刻者やサプライズで呼んだ先生が後で入ってくることはあったが、
俺達の知らない外部の者が入る余地はなかった。

だからなおさらその人物が気になった。

しかも全く知らないわけではなく、どこかで見たようなやつ・・・

だから幹事全員で考えていた。

「ひょっとして岡本じゃない?」

幹事の一人が言った。

岡本とは、確か6年生!?の頃に転校していった奴のこと。

存在感の薄い奴で、俺はほとんどしゃべったことはなかった。

後日、幹事の一人が修学旅行の集合写真に写っていた岡本の写真を持っていたので、
今回の岡本!?とを見比べてみた。

もちろん顔は変わっていたが、鼻などの特徴から一応岡本と判明した。

そして一緒に写っていた奴に連絡して、
そいつが岡本だったか確認してみることにした。

一緒に写っていた奴は、
見たことあるような奴だったけど、名前聞くのも失礼だし、
軽い挨拶はしたけれどしゃべらなかったとのこと。

そこで俺たちは、岡本について調べることにした。

交友関係がほとんどなく、
唯一友達!?だった木下って奴がいて、そいつからの情報によると・・・

「6年生の2学期に埼玉に行った。
それ以外は連絡も取っていないし、まったく知らない」

とのこと。

そして同窓会に出席してた奴の何人かに聞いたら、

・手酌でビールを飲んでいた。
・二次会はどこか聞かれた。
・変な匂いがした。
・標準語だった。
・すぐ居なくなった。

これらのことがわかった。

そして、誰も岡本とわかった奴はいなかった。

唯一の友達だった木下も気がつかなかったらしい。

宴会場はトイレなどで出入りはあったものの、
誰か来たら大抵は幹事の誰かが気がついていたから、
なんで岡本に気がつかなかったのか不思議でならなかった。

そして、その写真を撮ったのは俺だし、
俺がなぜ気がつかなかったのかが不思議でならない。

少しは飲んでたものの、
一応幹事だからほろ酔い程度だったからなおさら。

そもそも、誰も呼んでいないのに何で岡本が来るのか。

この同窓会はゆびとまやMIXI等、WEBには一切載せなかった。

中3のアルバムに載っている住所録に手紙を出し、
連絡が取れた奴しか参加出来なかったはず。

来た目的は何だったのか。

今どこで何をしているのか。

ひょっとしたら、来てた女性の誰かと一緒になっているのかなとも思ったが、
それはなかった。

結局未だに謎のままである。

拍手[1回]


コメントを投稿する

HN
タイトル
メールアドレス
URL
コメント