【ほん怖】ほんのりと怖い話まとめ - 【ほん怖】和犬

【ほん怖】ほんのりと怖い話をまとめました!「怖い話は好きだけど、眠れないほど怖い話は読みたくない!」そんなあなたにぴったりな『ほんのりと怖い話』をお楽しみください。
【ほん怖】和犬

スポンサーリンク


2001年の秋、ある山中での体験です。

どんな目的でそこへ行ったのかは記憶にありません。
(今思うと茸を探していたのかも知れません)

車道脇に車を止め、
友人の滝沢君と2人で山頂の方向へ向かう林道(獣道かも知れません)を小1時間歩き、
見晴らしの良い場所で煙草を吸い始めました。

時刻は正午を10分ほど過ぎたところです。

何気なく谷を挟んだ反対側の尾根から30メートルほど下を、
犬が歩いているのが見えました。

私自身、犬の種類についてはよく知りませんが、
どちらかと言うと和犬だったと思います。

やがて木に隠れて犬は見えなくなり、
2人は煙草を消して立ち上がりました。

15分くらい歩いた後、
肌寒くなってきたので車に戻ることにしました。

車まであと10分くらいの場所で滝沢君が変なことを言ったのです。

「あの犬やけに大きくなかったか?」

「向こうの山まで500m以上あったよな」

「あんなに大きく見えたってことは、
3m以上の大きさだろ」

…お犬様伝説の地での不思議な出来事です。

私自身は5メートルくらいあったように感じていましたが、
言い出せませんでした。

拍手[3回]


コメントを投稿する

HN
タイトル
メールアドレス
URL
コメント