【ほん怖】ほんのりと怖い話まとめ - 【ほん怖】土手の向こう

【ほん怖】ほんのりと怖い話をまとめました!「怖い話は好きだけど、眠れないほど怖い話は読みたくない!」そんなあなたにぴったりな『ほんのりと怖い話』をお楽しみください。
【ほん怖】土手の向こう

スポンサーリンク


幼稚園の頃、
お盆で鹿児島の田舎に親と帰った時の話。

山の奥にじいちゃんが耕している畑があって、
そこに親戚たちと手伝いに行った。

親戚達が畑仕事をする中、
俺はぶらぶら遊んでいたんだけど、
畑の奥にちょっとした土手があるのを見つけた。

向こうに何があるのか見たくて背伸びしていたら、
近くにいた親戚?の女性がだっこしてくれた。

そこからの景色は、
眼下に平地が広がっていてはるか彼方に海が見えていた・・・

20年後、久方ぶりにじいちゃん達の墓参りのため田舎を訪れた。

つい懐かしくなり、
まだ残っているという山の中の畑に行ってみた。

畑は荒れていたけど、
懐かしいじいちゃんの畑だった。

奥の土手まで行って妙な事に気が付いた。

もうだっこされなくても土手の向こうが見えるのだが、
目の前にはただ大きな山が鬱そうとそびえているだけだったのだ。

そういえば田舎は川内市の山奥で海など見えないの所だった。

あの海とあの女性は一体何だったんだろう?

拍手[1回]


コメントを投稿する

HN
タイトル
メールアドレス
URL
コメント