【ほん怖】ほんのりと怖い話まとめ - 【ほん怖】地獄の釜の蓋が開く

【ほん怖】ほんのりと怖い話をまとめました!「怖い話は好きだけど、眠れないほど怖い話は読みたくない!」そんなあなたにぴったりな『ほんのりと怖い話』をお楽しみください。
【ほん怖】地獄の釜の蓋が開く

スポンサーリンク


中学時代、国語教師に聞いた話。

大学生の時、お盆に友人数人と連れ立って、
花火を見物するため、山の中腹にある展望台に出かけた。

周囲には街灯も少なく、最後の花火が消えた余韻に浸る中、
ふとあることを思い出し何気なく呟いてみた。

「そう言えばさ、お盆って、『地獄の釜の蓋が開く』って言うよな」

すると、一緒に来ていた女の子の一人が顔色を変え、

「花火も終わったし、今日はもう帰ろう」

と言い始めた。

唐突だったので訝りながらも街に戻り、
その女の子に何があったのか聞いてみると、
彼女は言葉少なに語った。

「展望台の端っこの方に大きな木があったんだけど…
S君(先生)がああやって言ったら、
いきなり枝に青白い人の顔がたくさん浮かんで見えたの……」

拍手[2回]


コメントを投稿する

HN
タイトル
メールアドレス
URL
コメント