【ほん怖】ほんのりと怖い話まとめ - 【ほん怖】夜中に舷門に立ってる時

【ほん怖】ほんのりと怖い話をまとめました!「怖い話は好きだけど、眠れないほど怖い話は読みたくない!」そんなあなたにぴったりな『ほんのりと怖い話』をお楽しみください。
【ほん怖】夜中に舷門に立ってる時

スポンサーリンク


俺が護衛艦Tに乗ってる時、
S基地隊に入港したんだ。

夜中に舷門に立ってる時、
まぁ、2-4だったからもう上陸員もほとんど帰って来てたし、
この時間に帰って来ない奴はもう朝まで帰らないしね。

艦長も帰艦してたし、
当直海曹と当番(海士)で半分ずつ休むことにしたのよ。

で、当直海曹の俺が先に休んで2時45分、
舷門に戻ると当番が真っ青な顔で震えていた。

「どうした?」

「いや、今、誰か帰って来たんですよ。
だけど誰だかわからなくて。
知らない人ってわけじゃないんです。
顔がわからないんですよ」

「お前、寝てたんだろ」

「違いますよ。
じゃあ、まだそいつが帰ってきて5分もたってないから、
艦内見て来てくださいよ」

確かにその当番は舷門立直中に眠ったり、
上司にデマを言う人間じゃない。

「わかった」

と俺が艦内に入ろうとしたら、
当番が悲鳴を上げた。

振り返ると、
後部側から人が歩いて来て、
なんとそいつは首から上がないんだよ。

声も出ず立ち尽くす俺達の前を通り過ぎ、
舷梯を降りて行った。

我に返った時にはもう岸壁にもいなかった。

俺達は次直者が来るまで黙って震えてたよ。

信じられないと思うけどマジで4年前にあった話。

拍手[0回]


コメントを投稿する

HN
タイトル
メールアドレス
URL
コメント