【ほん怖】ほんのりと怖い話まとめ - 【ほん怖】夜勤帯の交代巡回

【ほん怖】ほんのりと怖い話をまとめました!「怖い話は好きだけど、眠れないほど怖い話は読みたくない!」そんなあなたにぴったりな『ほんのりと怖い話』をお楽しみください。
【ほん怖】夜勤帯の交代巡回

スポンサーリンク


以前勤めていた病院の話。

そこでは夜勤帯は交代で巡回して、
1人は看護室に残る決まりになってた。

ナースAが巡回に出た後、
俺は廊下側の窓のカウンター机(MY定位置)で本を読もうとしてた。

その時、
窓の向こうに人の気配を感じて顔を上げたんだけど、
Aはいなかった。

患者がうろついてるのか?と思い、
外に出たけど患者はいなかった。

廊下の先でAが振り返ってコチラを見てたので、
俺は何でもないと手を振った。

Aが歩き出してT字の廊下を曲がった時、
後を付いていくように女が現れた。

女は音も無くスーッと滑るように移動した。

俺は一瞬固まったんだけど、
急いでAを追いかけた。

T字に着いて、
Aが曲がった方を見ても誰もいなくて、
2つの病室を覗いてもAも女もいなかった。
(逆方向は検査室等で、病室は無い。非常階段もこちら側)

俺は事態を別病棟に連絡しようと看護室へ向かった。

看護室のドアを開けようとした時、
T字からAが現れた。

女は真っ直ぐ滑って行った。

さっき見た時、いなかったのに。

Aは貧血を起こしたような顔色で、
少し横になると言って眠ってしまった。

その夜、俺は仮眠無し。

T字から先は巡回できなかった。

外が明るくなって来た時、
泣きそうなくらい嬉しかった。

その日、帰りが一緒方向のナースBにその話をしたんだけど、
翌日からAが病欠入って、
夕方に事務長から呼び出されて経緯を話したら口止めされた(Bも)。

結局そのまま姿を見せずにAは辞めてしまった。

拍手[1回]


コメントを投稿する

HN
タイトル
メールアドレス
URL
コメント