【ほん怖】ほんのりと怖い話まとめ - 【ほん怖】夜戦の時

【ほん怖】ほんのりと怖い話をまとめました!「怖い話は好きだけど、眠れないほど怖い話は読みたくない!」そんなあなたにぴったりな『ほんのりと怖い話』をお楽しみください。
【ほん怖】夜戦の時

スポンサーリンク


夜戦の時、
クラッカーのヒモを延長してトラップとして使ってた。

不法投棄の人や芋掘りの人が来ても分かるように、
そのクラッカーを全ての道に仕掛けていた。

以前、不法投棄の人ともめた事があるので。

途中、ゲームをしないで休憩していると、
仕掛けたクラッカーが鳴ったので見に行ったが誰もいなかった。

見に行った仲間が不思議そうな顔して戻って来ると、
他に仕掛けたクラッカーが次々と鳴り始めた。

身の危険を感じたので、
明かりを消し皆で360度警戒の体勢を取った。

すると、暗闇の向こうで誰かの足音がする。

明らかに人の足音だった。

その足音は1人分で、
だんだんとこっちに近づいてくる。

急に仲間の1人が悲鳴を上げた。

その瞬間、
一斉に辺りを撃ち捲くった。

気が納まってから悲鳴を上げた仲間の所に行くと気絶をしていた。

発射音で足音はかき消されて、
何時の間にか聞こえなくなっていた。

少しして意識が回復した仲間に話しを聞くと、

「何か光りが見えて、その光の中に誰かの顔が見えた。
その顔は思い出せないけど凄く恐かった」

と言っていた。

その仲間の隣の奴は、
その光りを見なかったそうだ。

俺にも見えなかった。

拍手[1回]


コメントを投稿する

HN
タイトル
メールアドレス
URL
コメント