【ほん怖】ほんのりと怖い話まとめ - 【ほん怖】大金持ちを顧客に絞った不動産会社

【ほん怖】ほんのりと怖い話をまとめました!「怖い話は好きだけど、眠れないほど怖い話は読みたくない!」そんなあなたにぴったりな『ほんのりと怖い話』をお楽しみください。
【ほん怖】大金持ちを顧客に絞った不動産会社

スポンサーリンク


先輩の話。

彼女の就職したその会社は、
主に大金持ちを顧客に絞った不動産会社でした。
(バブル期の話)

彼女が入社した年は、
ロンドンの歴史のあるホテルで新入社員の研修が行われたそうです。

朝は勉強会、
昼から夕方にかけてはロンドン近郊の売買物件を見てまわり
レポートを提出、というカリキュラムだったそうで。


ハードでしたが、
新入社員たちはこれといって問題も無く、
順調にメニューを消化していったそうです。

ところが2~3日して
妙な出来事がそこでおきました。

新入社員の一人の女性が急に消えたのです。

彼女は明朗活発で元気な人だったのですが、
そこのホテルに来てからちょっと顔色が悪くて、
あまりしゃべらなくなっていました。

たまたま同部屋だった先輩達は心配して、
引率の人事部長にそのことを伝えたのですが、

「彼女は大丈夫だから、このまま研修を続けなさい」

と言われ、
体調壊して帰国したのかな?悪いから騒がないでおこうと考え、
彼女もちょっとぐらい言ってくれてもいいのにな、
と思いながら研修に戻ったそうです。

その晩・・・・信じられないことが起きました。

新入社員達全員が広間で机を並べてレポートを書いたり、雑談をしていると、
突然部屋の中央付近の床から、
ズーっと金髪の若いメイドの衣装を着けた女性が恐ろしい形相で這い出してきたのです。

頭と背中、足は血まみれで、
口をバグバグ動かしながら頭を四方八方に目茶目茶振りかざしていたそうです。

その部屋は照明の灯りもチャンと点いていて、大変明るかったそうですが、
そんなことはお構いなしに突然出現したのでした。

新入社員たちは大パニックとなり、出口の方に逃げ出しました。

しかし何人かはその場でうずくまり泣き出して、
またそのままバッタリ倒れ失神する人もいました。

ただ先輩が一番恐ろしいと思ったのは、
突然現れたその女性から逃げ遅れその周りに取り残された人達が、
皆同じように頭をグルグル振り回し、

「ギャバッ!ギャバッ!」

と、出口に逃げた人達をにらめ付けながらわめき始めたことでした。

それから5分程で、
その金髪女性はシュっと凄いスピードで天上に吸い込まれて行きました。

すぐに皆、正気に返り怒りだしたり、
ワンワン泣き出していたりしたそうです。

さすがにそのホテルにはもう誰もこのまま泊まり続けようなんていうものが無く、
上司にいってホテルを代えてもらったそうです。

その後研修は無事終了、
あの女性も2度と出現することは無く、皆無事に帰国しました。

さらにそれから2~3年後。

先輩は会社で変な噂話を聞きました。

研修が行われたホテルに幽霊が出るかもしれないというのは
会社サイドも既に了承していて、
それに参加している新入社員がもし何も感じなければそれはそれで良しとして、
もし、なにか感じ、察知できる社員がいれば、
その人をその場で引き抜いて、欧州在住の他のチームに移動させている。
とのことでした。

なんでも、ヨーロッパの中世やその前からあるような建物は業が深く、
またそれを買い求めるような顧客の老人達はものすごく信心深くて、
そういった事象を大変気にするため、
名目でもそういった人も入れて応対させているとのことでした。

昔、そのようなことでお客と揉めたことがあり、
そのとき幽霊が見えるといった社員が間に立ちうまくいったそうです。

つまり、あの研修のとき一人消えた女性は、
ココは出るからと上司に話して、
そのまま欧州在住のチームに移っていったのでした。

その欧州チームの全員が幽霊が見えるというわけで無く、
感じるとか、なにかやばいとかの直感が働く人が何人もいるそうで、
かなりの成績を上げていたそうです。

また、香港やアメリカ東部にも似たようなチームが駐在して、
がんばっているそうです。

先輩は

「噂はどうであれ、幽霊を観たのは後にも先にもあれが初めて。
もうあんな怖いのはヤダ」

と横で言っています。

拍手[1回]