【ほん怖】ほんのりと怖い話まとめ - 【ほん怖】大阪のプランタン

【ほん怖】ほんのりと怖い話をまとめました!「怖い話は好きだけど、眠れないほど怖い話は読みたくない!」そんなあなたにぴったりな『ほんのりと怖い話』をお楽しみください。
【ほん怖】大阪のプランタン

スポンサーリンク


妹の友達がまだ大学生の時、
開店当時の大阪のプランタンに、
喫茶店のアルバイトの応援にいきました。

とっても忙しくて、
終わったのは夜の10時だったらしい。

4階の売り場に残っているのはその子と店長だけで、
あとは誰もいなくて、服屋さんの緑のカバーだけが目につく。

二人はゴミ袋を持って1階に下りようと思って、
唯一動いている業務用のエレベーターを捜したが、
いっこうにエレベーターも階段もでてこず、
出てくるのは服屋の緑のカバーだけだった。

角を曲がっても曲がっても緑のカバーばかり。

後から考えるとおかしいのだが、
途中4人くらいの人に業務用のエレベータがどこにあるのかを聞いたらしい。

疲れているし、
エレべータが分からないのはおかしいと思いながら、
帰りたい一心で二人は歩き続けた。

その彼女が

「やっとエレベータだ」

とエレベータの前に立った時、
後ろにいたはずの店長がいない。

本当なら待つか捜すかするのに、
あまりにも疲れているので、
エレベーターに入って1階を押して、
中でヘタヘタとへたり込んでしまった。

1階について、
やっと帰れると思って時間を見ると朝の5時!?

彼女は始発にのって帰ったらしい。

翌日電話すると、店長はいないという。

一ヶ月後にバイト代をとりにいくと、
店長は失踪したという。

店長はどこへ行ったの?

それで、よく考えるとエレベーターが分からないのもおかしいし、
みんな帰っているはずの店内に、通行人がいるのもおかしい。

会うのなら警備員くらいなもの。

その道を聞いた4人の人の顔を思いだすと、
青白くて瞬きもせず今でも気持ちが悪い。

あの時は疲れていたので、
気にしながらも双方口にしなかったが、
とても気持ちの悪い人たちだったそうだ。

そして、店長のは...の後は、彼女も知らない。

プランタンといえば、
あの大勢犠牲者が出た千日前デパート火災の跡地に建てられた建物で、
よく火災で亡くなった霊が出るらしい場所。

元は墓場だったらしい。

彼女はいったいどこを歩いていたのでしょう。
店長はいったいどこを歩いているのでしょう。

拍手[3回]


コメントを投稿する

HN
タイトル
メールアドレス
URL
コメント