【ほん怖】ほんのりと怖い話まとめ - 【ほん怖】天気予報

【ほん怖】ほんのりと怖い話をまとめました!「怖い話は好きだけど、眠れないほど怖い話は読みたくない!」そんなあなたにぴったりな『ほんのりと怖い話』をお楽しみください。
【ほん怖】天気予報

スポンサーリンク


友人に天気がわかる人がいる。

的中率何パーセントとかいうレベルではなく、
ずばり当ててしまうという。

ある時、日の出を拝むため山に登り、
山小屋で仮眠をとっていざ目覚めてみると、
外はものすごい土砂降りになっていた。

他のグループが諦めて寝直しにかかる中、
彼一人外に歩き出した。

それを見た山小屋の親爺が慌てて、

「危険だから今日はやめろ、この雨は当分止まない」

と引き止めたそうだ。

絶対に晴れると確信していた彼は、
親爺を振り切って歩き出した。

果たして、雨はほどなく止み、
頂上で日の出を拝みながら彼は持参の酒を一杯かたむけたそうだ。

ちなみに下山するとき、
再び雨が降り出した。

山小屋に戻ると、親爺が

「ほら見ろ、いわんこっちゃない」

とあきれる声が聞こえた。

どうやら、そこでは一日中雨だったらしい。

彼は説明するのがめんどくさいので、

「失敗しました」

と言って笑っておいたそうだ。


その友人の話

彼が山登りをしようと計画した週に、
台風が直撃したことがあった。

友人は既に諦めモードだったが、
彼は絶対この雨は止むと信じていたので、
友人に計画通り荷造りしておくように電話した。

果たして当日、
台風一過すばらしい青空が広がっていた。

友人は喜んだが、彼は釈然としない。

感じたことのない違和感があった。

まだ、水の気配がする。

もう一雨くるのか?

「道がぬかるんでいるから」

とか適当に理由をつけて、
彼は登山をやめさせた。

その日の夜、夕食を食べていると、
友人が電話をかけてきた。

『今すぐテレビをつけろ』

というので見てみると、
ニュースで山が映し出された。

観光客数名が鉄砲水に飲まれて行方不明だという。

彼が登ろうとしていたまさにそのルートだった。

この事だったのか。

彼はぞっとした。

何もしらない友人は、
『俺達は運がいい』と無邪気にはしゃいでいたそうだ。


さらに友人の話

百発百中の精度を持つ彼だが、
その能力が全く働かなくなってしまった事がある。

それは霊峰とよばれる、
とある山に登った時のことで、
彼は晴れると思っていたのだが、
激しい夕立にやられ、あげく霧に迷って、
にっちもさっちもいかなくなってしまった。

「おーい、おーい」

と情けない声で助けを呼んでいると、
男の高笑いが聞こえたそうだ。

決して不快な声ではなく、
楽しんでいるような声だったという。

ほどなくして霧は晴れて、
彼は無事下山できたそうだ。

その後あらためてリベンジしたが、
晴れると思った天気は季節外れの雪となり、
寒さに根をあげた彼はほうほうの呈で逃げ出した。

「どうもその山にからかわれている気がする」

と彼はぼやいている。

拍手[3回]


コメントを投稿する

HN
タイトル
メールアドレス
URL
コメント