【ほん怖】ほんのりと怖い話まとめ - 【ほん怖】奈良の山奥にある大きくてキレイな川

【ほん怖】ほんのりと怖い話をまとめました!「怖い話は好きだけど、眠れないほど怖い話は読みたくない!」そんなあなたにぴったりな『ほんのりと怖い話』をお楽しみください。
【ほん怖】奈良の山奥にある大きくてキレイな川

スポンサーリンク


私、小学校の低学年の頃、
父に連れられ妹たちといっしょに、
奈良の山奥にある大きくてすっごくキレイな川(まさに秘境!!てかんじのとこ)に、
泳ぎに連れて行ってもらったことがあった。

父から離れたらアカンと言われてるにもかかわらず、
そっと川の端の方にいったら、
ちょっとしたくぼみみたいなゾーンがあって、
そこに近寄った瞬間にズポーンって
すごく急な流れに体をすいこまれるように足をとられて、
ゴボゴボっと流され水中に・・・

死ぬうっと思った瞬間、
すーっと静かになったような気がしたと思ったら、
スッゴイ大きな何故か傷だらけのナマズがするりんっと現れて、
私の目の前を横切った。

私はそのナマズのしっぽにつかまって、
スルスルと水中をくぐりぬけたかと思うと、
気がついたら足のつく浅い所にいて、
川の砂利のうえに寝転がるようにひじをついて座っていた。

大きな岩陰でした。

あれ?と思うと、
父の呼ぶ声が向こうの方から聞こえた。

私が岩陰から顔を出すと、

「おまえそんなとこにおったんかー!!」

といきなり頭を叩かれて、
すごい勢いで怒られました。

私はその父のあまりにもすごい剣幕にびびってしまい、
まさか深みにはまって溺れかけてたなんて言えない・・・
と思い黙っていました。

その日の晩に妹だけにそっとそのことを話すと、
(私はその頃、まだその魚がナマズという魚だと言う事を知らなかったので)
その魚を調べに行こうと、
近くの本屋さんの魚の図鑑を見にいくことになった。

図鑑をみて、
私を助けてくれた魚がナマズだったという事を知りました。

そして妹と二人でナマズの絵を書き、
「ナマズさんありがとう」と夜空に向かってお祈りのような儀式をしました。

今思えば、あのナマズは当時の私の体の倍以上は余裕であった気がする。

それを考えたらカナリ怖いけど、
あれは一体何だったんだろう?と今でも思います。

不思議な体験でした。

でも、なぜナマズは傷だらけだったのかなぁ。 

拍手[1回]


コメントを投稿する

HN
タイトル
メールアドレス
URL
コメント