【ほん怖】ほんのりと怖い話まとめ - 【ほん怖】女子寮

【ほん怖】ほんのりと怖い話をまとめました!「怖い話は好きだけど、眠れないほど怖い話は読みたくない!」そんなあなたにぴったりな『ほんのりと怖い話』をお楽しみください。
【ほん怖】女子寮

スポンサーリンク


寮にいたときの話。

寮は鉄筋だけど、よく家鳴りする以外は快適で、大して怖い噂もありませんでした。

夜のトイレとか、並んだ合わせ鏡を夜中に見るのは怖かったけど。

私の隣室の子は『自称霊感アリ』だったけど、
あまり相性が合うタイプではなかったので、おつきあい程度の会話だった。

ある日、私が出かけようとしていたら、
隣室の子が友達連れであがらせて欲しいという。

連れの子も自称霊感アリみたいな繋がりで、隣室の子と仲良くなったらしかった。

なんか、数珠だかお経の話をしていたのを見たことがあったから。

私は怖い話は大好きだけど、彼女達とは性格的に合わなかったし、
おおっぴらに霊感アリを自称する人はなんだか信用が出来なくて、好感を持っていなかった。

正直面倒ではあったんだけど、どうせすぐ出かけるから、
少しならと部屋にあげたのですが、なんか妙な雰囲気。

支度をする私を横目に、なにやらひそひそと話している。

「私の部屋も居づらかったけど、こっちも・・・」

「ねー・・・」

とクスクス。

どうせロクでもない話に違いない、と相手にしないでいたら、

「この部屋、いるよ」

「よく平気でいられるねー」

「ほら、そっちの・・・」

霊感アリを自称するくらいは個人の自由と思っていたけれど、
わざわざ人の部屋に上がりこんで、
そんなことを言う常識知らずに静かにプチリと切れて、

「出かけるから・・・」
と部屋から追い出しました。

二十代半ばにもなってそんな行動の出来る彼女達にほんのり。

「ほんのりと怖い話」の関連記事

【ほん怖】弊害
【ほん怖】親戚の葬式
【ほん怖】異変
【ほん怖】母親の証言
【ほん怖】変なおばさん

拍手[2回]


コメントを投稿する

HN
タイトル
メールアドレス
URL
コメント