【ほん怖】ほんのりと怖い話まとめ - 【ほん怖】娘と二人きりのとき

【ほん怖】ほんのりと怖い話をまとめました!「怖い話は好きだけど、眠れないほど怖い話は読みたくない!」そんなあなたにぴったりな『ほんのりと怖い話』をお楽しみください。
【ほん怖】娘と二人きりのとき

スポンサーリンク


今15になる娘がまだ幼児だったころの話。

旦那がいるときは娘は普通に「お母さん」と私を呼ぶのだが、
二人きりのときは私の下の名前を呼び、
いかにも内緒話をする、といった口調で、

「○○(私の名前)、ぼくを覚えている?」

「○○にまた会いたかったから、生まれてきたんだよ」

とよく言っていた。

なんとなく気味が悪かったけど、
成長するにつれていつのまにかそういうことはなくなった。

娘はその当時のことをうっすら覚えているらしく、

「なぜそんなことを言ったかはわからないけど、
お母さんを見るたびに好きな人を見ているような、
なんか懐かしくてしょうがないような気持ちになっていた気がする。
で、なんでかお父さんの存在がうっとおしくて、邪魔に感じてた」

と言うことがある。

今はそういうことはないそうで、一安心。

なんだったんだろう。

拍手[1回]


コメントを投稿する

HN
タイトル
メールアドレス
URL
コメント