【ほん怖】ほんのりと怖い話まとめ - 【ほん怖】子どもが帰ってこない

【ほん怖】ほんのりと怖い話をまとめました!「怖い話は好きだけど、眠れないほど怖い話は読みたくない!」そんなあなたにぴったりな『ほんのりと怖い話』をお楽しみください。
【ほん怖】子どもが帰ってこない

スポンサーリンク


子どもを1人で遊ばせた自分が悪いんだけど、
一年生になった娘が、
近所の公園まで自転車で遊びに行った。

公園は家から100メートルの場所で、
近所の友達がいつも誰かいるから気軽に行かせてた。

で、5時のサイレンが鳴っても帰ってこないから
心配して探しまわった。

万が一のことがあったら!と心は修羅場。

携帯に電話があって、
出たら警察からだったのがまた修羅場。

行った事もない離れた場所で保護されていた。

片側2車線の国道の真ん中の線の上で泣いてたのを、
トラックの運転手さんがわざわざ車とめて保護してくれたらしい。

実はその頃、
低学年の子が道路に置き去りにされる事が数件起きていたそうだ。

3~4年生の女児が1人で遊んでいる子に声をかけて、
迷子になったふりで遠くまで連れて行き、
国道の真ん中に置き去りにして、自分はそのまま逃げる。

パターンが毎回同じで、
自転車の色まで一致してることなどを教えてもらった。

子ども同士遊んでいて起こったトラブル扱いだから、
事件として学校で注意喚起される事は無かった。

暗くなってきて、家に帰りたいと泣く娘に、
その子は

「この道路を渡ったら、すぐおうちだよ」

と言ったらしい。

真ん中までは掛け声をかけて一緒に渡って、
そこからは1人だけでスッと行ってしまって、
渡れなくなって怖かったと。

初めて会う子だったけど、
始めは優しく遊んでくれて、
嬉しくてついて行ってしまったそうだ。

あの時もし事故に遭っていたらと思うと、
胸が苦しくなる。

拍手[1回]