【ほん怖】ほんのりと怖い話まとめ - 【ほん怖】客室のお祓い

【ほん怖】ほんのりと怖い話をまとめました!「怖い話は好きだけど、眠れないほど怖い話は読みたくない!」そんなあなたにぴったりな『ほんのりと怖い話』をお楽しみください。
【ほん怖】客室のお祓い

スポンサーリンク


ホテルの話

10年ほど勤務する間、
三人、客室で亡くなる方が出ました。

吊った人がふたり、病死がひとり。

結婚式場、披露宴会場も兼ねているので、
神殿に常駐の宮司(社員)がいます。

死亡事案があると、
決まってこの宮司が客室に行ってお祓いするんですね。

吊った人のときは何でもなかったそうです。

遺書もあり、
覚悟があったのだろうと聞きました。

病死の方の場合は、
翌日どこかの地区の代表で障害者のスポーツ大会に出る予定でした。

運悪く持病の発作が出て、
助けを呼ぶまもなくひとり息を引き取ったようです。

この部屋のお祓いが大変だったらしい。

宮司がその部屋にたどり着く手前で廊下に嘔吐。

一度退散して仕切りなおすが、
またも廊下で吐いてしまう。

三度目の正直でようやくお勤め(お浄め?)を済ませたそうです。

この出来事は立ち会った総務課と役員クラスの胸に納められ、
末端に伝わることはありませんでした。

何年か後、宮司が夜間巡回の番になって、
たまたま夜勤が一緒だった時に本人が教えてくれました。

「とにかく拒絶感が半端なかった」

まあ、酒飲みの宮司なので二日酔いだったんだろうと思ってます。

そう思いたいです。

拍手[2回]


コメントを投稿する

HN
タイトル
メールアドレス
URL
コメント