【ほん怖】ほんのりと怖い話まとめ - 【ほん怖】家に泥棒が入った

【ほん怖】ほんのりと怖い話をまとめました!「怖い話は好きだけど、眠れないほど怖い話は読みたくない!」そんなあなたにぴったりな『ほんのりと怖い話』をお楽しみください。
【ほん怖】家に泥棒が入った

スポンサーリンク


小学校低学年の時に家に泥棒が入って、
自分の部屋とかぐちゃぐちゃにされてて、
すごく怖かったのね。

で、そのとき2日ほど学校休んだんだよ。

とにかく怖くなっちゃって、一人でいられなかったもの。

3日目に学校にいったんだけど、
その時、自分のことを友達たちの前で話して質問を受ける、
っていうディスカッションの真似事みたいなことを、
朝夕のホームルームでしてたのね。

その日が、ちょうど自分の話す日だったわけ。

でも自分としては、泥棒に入られたこととか思い出すのも怖くて、
話したくなかったから、
全然関係ない、割とどうでもいい話をしたんだよ。

話し終わったら先生が、

「○○くん、おうちに泥棒が入った話をなんでしないの?」

とか言われて、

「しなさい」

とか、追い打ちをかけてくるわけ。

もう本当に話したくなくて、目に涙こらえながら話したのを覚えてる。

話し終わった後、まわりの友達が気を使ってくれて、

「先生。したくない話をさせるのはひどいと思います」

とか次々に言ってくれたのが、うれしかったなぁ。

でも、その時の先生の顔がすごく怖かった。

口元はうっすら笑ってて、眼は死んだみたいな目してるの。

普段はやさしい先生だったのに、
どうしてあの時だけあんなだったんだろうか。

「ほんのりと怖い話」の関連記事

【ほん怖】幽体離脱
【ほん怖】ヤフオク
【ほん怖】従兄弟と蜘蛛
【ほん怖】骸骨少年

拍手[0回]


コメントを投稿する

HN
タイトル
メールアドレス
URL
コメント