【ほん怖】ほんのりと怖い話まとめ - 【ほん怖】家族で映画館に行った

【ほん怖】ほんのりと怖い話をまとめました!「怖い話は好きだけど、眠れないほど怖い話は読みたくない!」そんなあなたにぴったりな『ほんのりと怖い話』をお楽しみください。
【ほん怖】家族で映画館に行った

スポンサーリンク


実体験の不思議な話を書いてみる。

これは、俺が小学三年生ぐらいの時にした体験です。

それは当時『もののけ姫』が公開された時で、
学校の話題はもののけ姫で持ち切りだった。

そんなある日、家族でご飯を食べてたら、姉が

「ねぇお父さんお母さん、もののけ姫観に行きたい」

と言った。

なんだかんだで話が進んで、その次の日曜日に
家族全員(俺、姉、父、母)でもののけ姫を観に行くことになった。

で、当日映画館について驚いた。

長蛇の列。

公開されたばかり&日曜日ということで非常に混雑していた。

「待つなんて嫌だ、帰ろうよ!」

と駄々を言いだす俺。

「嫌だ!観たいもん!」

と折れない姉。

困る両親。

その時、『学校の怪談』が同時上映されていたのが父の目に止まった。
(しかも、待ち時間0分)

父「学校の怪談が上映されてるみたいだからそっちにしないか?」

姉「嫌だ!絶対にもののけ姫が見たい!」

俺「学校の怪談がいい」

母「分かった、じゃんけんで勝った方の映画を見よう、それでいい?
お姉ちゃんが負けたら、もののけ姫はまた今度ね」

で、結果俺が勝っちまったんだが、ここが分かれ道でした。

いざ会場に入ると、お盆って事もあって貸切だった。

ド真ん中の最前列に座って映画を堪能してたんだが、
しばらくして母親が

「後ろに誰かいる?」

と、一度も振り返らずに言った。
(母親は霊感が強い)

俺と姉と父は振り返る。

確かにおっさんが居た。

座席に座ってじっとしてる。

ただ気になったのは、微動だにせず、
スクリーンではなく俺を見てる…気がした。

俺・姉「うん、おじさんがいるよー」

父「え?誰もいないけどw」
(父はこういうのにはめっぽう鈍感な方)

俺と姉が「ほら!居るじゃん!ちゃんと見なよ」

父「どこに?居ないけどw」

映画そっちのけで、そんなやり取りが続いた。

すると母が、

「七三分けの髪型で眼鏡をかけてて、服はカッターシャツ、
ストライプのネクタイで、サラリーマンみたいな感じ?」

と、後ろを見ずに言い当てた。

超能力者かよw

俺と姉「うん、そうだよ、何で分かるの?お母さんすごーい」

父は馬鹿らしくなったのか映画に集中してる。
(内心怖がっていたのか?)

そう言ってるうちにおっさんが動いた。

が、異様な動き。

人間の動きではなかった。

台車に乗って、スーと滑るような宙に浮く感じで横に移動した。

俺と姉は

「キモチ悪っ」

と思って、目を逸らす意味でスクリーンを見たんだけど、
すぐさま母が

「消えた!?」

と大きめの声で言った。
(何度も言うが、母はここまで一度も後ろを見てない)

その言葉に反射的に後ろを振り返ったが、
そこにはおっさんの姿はなかった。

俺と姉がおっさんを視認→スクリーンを見る→また振り返る…

この間わずか3秒ほどで、
おっさんの距離から出入り口までには距離があったし、
3秒で出入り口まで移動してドアを開け外に出るのは不可能です。

しかも、おっさんが移動した方向は出入り口とは逆の壁がある方で、
おっさんが消えたのはありえない。

が、実際に姿を消したんです。

で、映画が終わって

「あの人、この世の人じゃないのかもねーw」

って笑い話にしながら、
久々の外食を家族で楽しんで帰った。

数日後、俺は車に撥ねられて意識不明の重体。
(後で聞いたが、生死を彷徨うかなりヤバい状態だったらしい)

その意識不明の夢(?)で、映画館で見たおっさんが出てきた。

真っ白で広い空間で、俺とそのおっさんの二人っきりだった。

身体は自由に動くけど、その空間でする事は限られていた。

怖かったが、仕方なく

「嫌だなぁ、それにここはどこなんだろう」

とか思いつつおっさんの方へ行った。

目の前に行くと、おっさんが名簿っぽいのを見ながら、

「○○○○(俺の名前)さんの名前はありませんね、お引き取りを」

と言われた瞬間、俺は目を覚ました。

俺は

「何だ…体が痛い…」

っと思って周りを見たら、母が

「よかった」

って言って泣いてた。

車に轢かれてから、おっさんとの会話、
そして目が醒めるまで体感では数十秒ぐらいだったけど、
実際4日意識不明だったみたい。

身体もある程度治って、
一ヶ月後ぐらいにその夢の話を家族にしたんだが、

「怖いからヤメテ」

って言われるだけ。

それ以降はそのおっさんは見ていない。

拍手[1回]


コメントを投稿する

HN
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
無題

時代により服装をかえております。
彼岸の事務屋です。
猫なら服を変えずにすむのに。