【ほん怖】ほんのりと怖い話まとめ - 【ほん怖】家族写真

【ほん怖】ほんのりと怖い話をまとめました!「怖い話は好きだけど、眠れないほど怖い話は読みたくない!」そんなあなたにぴったりな『ほんのりと怖い話』をお楽しみください。
【ほん怖】家族写真

スポンサーリンク


私の前の上司(課長)は無口、無表情。

雑談には加わらず、お酒も飲まず、
人付き合いをしない堅物でした。

誠実公平、
どんな時でも冷静なので頼もしい上司なのですが、
堅過ぎて近寄りにくい雰囲気がありました。

そんな課長の机の上には奥さん、
子供四人と写った写真が飾られてて、

「あの朴念仁でも家族は愛してるんだな」

と微笑ましく思ったものです。

何年経っても同じ写真が飾ってあったので、
理由を聞いてみたら、

「一番かわいかった頃の写真だからね」

と、照れ笑いを浮かべながら答えてくださいました。

それが私の見た唯一の課長の笑顔でした。

そんな真面目一徹、
入社以来無遅刻無欠勤の課長が三日続けて無断欠勤。

家に電話しても誰も出ず、
親族の連絡先も分からなかったので、
部長が直接課長のマンションを訪ね、
管理人さんにお願いしてドアを開けていただきました。

課長は玄関で倒れていて、
既に冷たくなっていました。

急性心不全だったそうです。

部長が管理人さんに課長の家族がいつ戻ってくるか聞くと、

「○○さんには家族はいないですよ」

という返事。

あわてて人事部の資料をほじくり返すと、
確かに課長には家族がいません。

課長は10年前に中途入社した人なので、
それ以前に家族に逃げられていて、
写真を見て幸せだった時代を懐かしんでいたんだと思い、
少し悲しくなりました。

結局、課長の葬儀にも家族も親族も顔を出さず、
血縁の人たちの冷たさにもっと悲しくなりました。

後日墓参りに行くと、
立派なお墓が立っていました。

死んでやっと家族と和解できて、
立派なお墓を立ててもらえたのかと安心して墓石を見てみると、
愕然としました。

お墓は古びていて、
課長と同じ名字の名前が墓誌にいくつも彫ってありました。

課長以外は全員十数年前の同じ日に亡くなっていました。

家族を一度に亡くしてからの十数年の歳月を、
彼はどんな気持ちで過ごしていたんでしょうか?

二度と会えない家族の写真をどんな思いで毎日眺めていたんでしょうか?

人を遠ざけ、
自分のことを決して語らなかった課長の姿を思い出し、
涙が止まりませんでした。

拍手[2回]