【ほん怖】ほんのりと怖い話まとめ - 【ほん怖】寝苦しい時は窓を開けて寝てる

【ほん怖】ほんのりと怖い話をまとめました!「怖い話は好きだけど、眠れないほど怖い話は読みたくない!」そんなあなたにぴったりな『ほんのりと怖い話』をお楽しみください。
【ほん怖】寝苦しい時は窓を開けて寝てる

スポンサーリンク


俺の寝てる部屋はドアの反対側に窓があって、
その前にベッドがあるんだけどさ、
5~10月くらいの寝苦しい時は、
暑いから窓を開けて寝てるんだよ。

それでその日も秋にしてはちょっと暑くて、
窓を開けて寝てたんだ。

普段からあまり眠りは深くない方なんだけど、
その日も夜中に目が覚めた。

すると窓の方から何かが走ってくる音がしたんだよね。

近くに競馬場があるのも手伝ってか、
咄嗟に「馬の足音だ」と確信した。

部屋は3階だし、
家の周りは結構ごちゃごちゃしてる道が多いから、
近づいてくるようなものなんかあるわけないんだけどさ。

でもその音は間違いなくこっちに向かって走ってくるのが分かったんだ。

目を開けようと思ったんだけど怖くてできずに、
しばらく布団の中でじっとしてた。

と言うか金縛り状態で動こうにも動けなかったんだけどさ。

その間にも音はどんどん近づいてきて、
もうすぐ傍に来てると思った次の瞬間、
無数の足のようなものに身体を踏みつけられた。

その後その音はドアの方に消えていったけど、
結局怖くて目を開けることができなかった。

気付いたら朝だったよ。

そして腹を見たら、
青あざのようなものがいくつかついてた。

その日(寝る前)、
大学の実習で初めて動物を殺したんだ。

その晩の出来事は、
命は決して粗末にするなという、
彼らからの警告だと思ってる。

拍手[1回]